話題の「中指」絵文字

写真拡大

アップルからiPhone、iPadなどで使う基本ソフトiOSの新バージョン「iOS 9.1」がリリースされ、新たに150以上の絵文字が追加された。

ユニコーン、カニ、タコス、シャンパン...とバラエティ豊かなラインアップがそろっているのだが、ユーザーの間ではハンドサイン群にさりげなく加わった「ある絵文字」にひときわ、注目が集まっている。

欧米ではタブーの侮辱的ジェスチャー

新iOSは日本時間2015年10月22日未明にリリースされた。アップデートした人たちの間で話題になっているのが、中指だけを立てた「ファックサイン」の絵文字だ。

手の甲を相手側に向け中指を突き立てたポーズは、欧米圏においては「Fuck You(くたばれ、くそくらえ)」を意味する侮辱的なジェスチャーであり、日本でもその意味合いはよく知られている。

ネット上では追加に気付いた人々が、さっそく反応。

「iPhoneで中指を立てられるようになりましたw」
「ついにiPhoneから公式に中指立てれる時代が来たか、、、!」
「最新のiOSなら中指も立てられる。そうiPhoneならね」
「コレで中指立て放題」

などと大興奮だ。2015年5月にはマイクロソフトの「Windows 10」に中指の絵文字が登場するとして話題になったが、今回の盛り上がりはその時以上のようだ。

ちなみに「iOS8.3」以降、顔や体のパーツをモチーフにした絵文字は肌の色を選べるようになった。そのため「中指」も他と同じように6カラーが用意されている。ユーザーは皆、自分の肌色にぴったりのファックサインを使うことができる。

気軽な絵文字と思って使うと痛い目にも

なお、ファックサインが「タブー」となっている英語圏では、メディアもこれに注目し、

「New iOS 9 emojis will allow Apple fans to give friends the middle finger(アップルファンは新iOSの絵文字で友人に中指を突き立てられるようになる)」(英デイリー・ミラー紙電子版)
「Everyone is downloading iOS 9.1 for the middle finger emoji(中指絵文字のために誰もかれもがiOS9.1をダウンロード)」(英ガーディアン紙電子版)

などと相次ぎ紹介している。

中には、使用する際のマナーを指南するユニークな記事まである。ある記事では、誰かに中指を突き立てることがこの絵文字によっていかに簡単になったかを指摘し、「もし中指の絵文字を誰かに送ろうと思い立った時には、相手がそれを受けるに値する人物かどうかじっくりと考えましょう」と諭している。

絵文字は、LINEのスタンプのように日本の若者の新しい言語とさえいえるほど普及し、気軽に使うことが定着した。一方で、ファックサインの持つタブーさは欧米ほどには浸透していない。今回のiOS 9.1公開で、日本人が冗談半分で外国人相手にファックサインを使うと、思わぬトラブルに発展する可能性は小さくない。