GO-JEKのドライバーが着用しているヘルメット。町中をこの緑色のヘルメットが走り回っています。デザインも同業他社のものよりセンスがよい【撮影/長野綾子】

写真拡大

日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社で日系企業・日本人求職者のサポートを担当するジャカルタ在住8年の長野さんのジャカルタレポート。今回は今ジャカルタで利用者が急増しているバイクタクシー・サービスを紹介。スマートフォンで依頼をするだけで、タクシー機能はもちろん、荷物を届けたり、買い物までしてくれるという優れたサービスです。

 少し前に「インドネシアだからの仕事 ジャカルタしか成立しない仕事」で面白い仕事をご紹介しましたが、今回はここ数年で大成功を収めた新しいベンチャービジネスGOJEK(ゴジェック)をご紹介したいと思います。

 インドネシアでは移動手段として、バス・電車・タクシーなど、日本でも一般的な交通手段のほかに、アジアではおなじみのバイクタクシーがあります。

 バイクタクシーとは、客がバイクの後ろに乗り、二人乗りで目的地まで移動して、料金を支払うもの。料金は100円ぐらいから距離によって異なりますが、明確な料金表などはなく、基本ドライバーとの交渉です。

 道路の脇に乗り場のようなところがあり、客待ちの運転手がたむろしているので、すぐにわかります。ドライバーに特別な許可や資格などは必要なく、バイクさえ持っていれば誰でもできる簡単な商売です。本業の合間に副業として、バイクタクシー運転手をしている人も多いそうです。

渋滞の悪化と治安の安定で、利用者が増えたバイクタクシー

 インドネシアではバイクタクシーのことをOJEK(オジェック)と呼びます。以前は、通常のタクシーを使うまでもない短・中距離の移動に使う人が多かったと思いますが、最近はひどい渋滞を避けるための移動手段として使う人が増えています。

「知らない人のバイクの後ろに乗るなんて怖い!」「不安!」ということで、10年ぐらい前まではバイクタクシーを好まない現地女性も多かったのですが、ここ数年の女性・子どもの利用者の多さを見ると、ジャカルタの治安がよくなった証拠だなと感じます。

  旅行者にとっては、公共交通機関では行きにくい場所や行き方がわからなくても目的地にちゃんと、しかも早く到着できるメリットがありますが、英語での料金 の交渉が難しいですし(運転手は英語ができないわけではないのですが、旅行者とわかるとぼる可能性あり)、道がよくないので転んで怪我をする危険性もあり ますので、注意が必要です。とくに夜9時以降の利用は避けたほうが無難です。

 すでにインドネシアに根付いているこのバイクタクシーを上手に利用した新しいサービスが今回ご紹介する「GOJEK」です(GOとOJEKをかけたネーミングがインドネシアの人にはとても馴染みやすいようです)。

 スマートフォンに専用アプリをダウンロードするだけで、すぐに誰でも利用できる手軽さが急速に利用者を増やしている理由です。

 インドネシアはスマートフォンの普及においては日本以上に早く、ジャカルタのビジネスパーソン、学生、主婦、最近ではお手伝いさんやベビーシッターさん、運転手もスマートフォンを所有しています。また、サービスを請け負うバイク運転手の名前や電話番号などがメッセージされ、明確にされるので利用も安心、というわけです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)