10月23日、新宿ピカデリーにて、映画『サヨナラの代わりに』の主演ヒラリー・スワンクさんの来日イベントが行われ、ヒラリーさんご本人に加え、彼女の大ファンだという女優の黒木メイサさんも訪れました。


(c)Kyoko Akayama

前日に行われたレッドカーペットのイベントでは、胸に紫の飾りをつけた真っ白なロングドレス姿で登場し、会場を沸かせたヒラリーさん。


(C)2015 TIFF

この日はタイトなロングジャケット風ワンピースでクールに決めていました。そして、イベントでは登場前に、集まったファンへサインをしたり握手をするなど、熱心にサービスを行っていました。


(c)Kyoko Akayama

花束を持って黒木さんが現れると会場もさらに活気づきます。


(c)Kyoko Akayama

花束を渡し終わると、黒木さんは「なぜ黒木メイサがいるのって思いますよね?私、ただのヒラリーのファンなんで(笑)」と場内に声をかけた後自身の肘を指し、「皆さん見えなかったかもしれないけど、今ヒラリーがここ触ったんですよ!ここ!何しゃべってるか自分でも分からない!」と、興奮した様子で頬を紅潮させていました。とても可愛いですよね!


『サヨナラの代わりに』は二人の女性のかけがえない絆を描いた感動作です。筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒された女性の苦悩を、ヒラリーさんが熱演しました。

既に映画を鑑賞したという黒木さんは感想を求められ、「本当に素敵な作品です。もう一度映画館で見たいです。体が動かなくなっていく役だったので、顔の表情がとても印象的でした。好きなシーンは、二人が叫ぶシーンです!胸が温かくなりました」と、女優ならではの視点で語りました。


(c)Kyoko Akayama

ヒラリーが「女と女のある種のラブストーリーだと思っています」というほど熱い友情が描かれる本作。実際に黒木さんが本当の自分を出せる時間や相手はどんな人なんでしょうか?

「私は欲張りだと思うんです。自分の家族に見せる自分も本当ですけど、女友だちといる自分も本当だし。家族といるときには出ない自分が出るし、友だちといるときに出ない自分が家族の前には出るときがあります」

いつも素敵な黒木さんが、親しい人だけに見せる顔はどんな顔なんでしょうか。きっとキュートなんでしょうね!


(c)Kyoko Akayama

映画『サヨナラの代わりに』はキノフィルムズ配給にて11月7日より全国公開となります。


(c)2014 Daryl Prince Productions, Ltd. All Rights Reserved.