残り6戦となった今季の女子ツアー。注目の賞金女王争いは、スタンレーレディス(10月9日〜11日/静岡県)で今季5勝目を挙げ、年間獲得賞金の史上最高記録を更新したイ・ボミ(27歳/韓国)が、賞金ランク2位で追うテレサ・ルー(28歳/台湾)に6000万円以上の差をつけて、女王の座をほぼ手中に収めていた。

 しかし翌週、富士通レディース(10月16日〜18日/千葉県)で、テレサ・ルーがイ・ボミと同じく今季5勝目をマーク。優勝賞金1440万円を加算した。もちろん、それでも両者の差は5000万円以上あって(※)、イ・ボミ有利は変わらないものの、今後は高額賞金大会が続いていく。テレサ・ルーの逆転賞金女王の可能性はゼロではなく、ふたりの争いからはまだまだ目が離せない。
※10月22日現在の獲得賞金は、イ・ボミ=1億8088万4066円。テレサ・ルー=1億2928万200円。

 さて、そうした状況にあって、彼女たちのことを最も知る"ライバル"たち、つまり一緒に戦っている選手たちは、ふたりの争いをどう見ているのか。

 イ・ボミが優勝を飾ったスタンレーレディスの際には、さすがに誰もが「イ・ボミ有利」と回答した。今季、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(9月25日〜27日/宮城県)で2年ぶりの優勝を飾った表純子は、こう語っていた。

「今季、イ・ボミ選手とは同じ組で回っていませんが、好不調の波がないように思います。もともとショットのよさには定評がありますが、今季は課題としていたパッティングの調子もいいですからね。一方、テレサ・ルー選手とは、この大会の初日に一緒に回ったのですが、そのときはショットも、パットも、彼女にしてはよくなかった。ここに来て、モチベーションが下がっているような感じを受けました」

 スタンレーレディスの最終日にテレサ・ルーと同組だった酒井美紀も、表と同じような話をしていた。

「一緒に回っていて、テレサさんにしては考えられないようなミスが何度かありました。3週前の大会(マンシングウェアレディース東海クラシック。9月18日〜20日/愛知県)でも体調不良で棄権されているので、その影響なのか、集中力がなかったように見えました。片や、イ・ボミさんは、技術はもちろん、すべての流れがいいほうに向いているように思います。サラッと勝って、周囲に『(イ・ボミ選手には)勝てないな』という気にさせてしまう強さがあります」

 メジャー大会の日本女子プロ選手権(9月10日〜13日/長崎県)で優勝したあと、確かにテレサ・ルーは調子を落とした。東海クラシックを棄権し、日本女子オープン(10月1日〜4日/石川県)ではまさかの予選落ちを喫した。表と酒井は、スタンレーレディスでその不調ぶりを目の当たりにしたのだ。もはや、女王争いはイ・ボミで「勝負あった」と判断したのもうなずける。

 ところが、冒頭に記したとおり、スタンレーレディスの翌週、テレサ・ルーが富士通レディースを制覇。彼女のモチベーションは決して落ちてはいなかった。

 これで、テレサ・ルーにも再び逆転のチャンスが出てきたが、昨季3度目の賞金女王を飾ったアン・ソンジュは、「イ・ボミ有利は変わらない」という。

「昨年の私より、今年のボミのほうがすごいと思います。いつも上位で安定していて、下に落ちるという感じがしない。ドライバーも曲がらず、アイアンショットの精度も高い。ほとんどピンに近い位置に寄せられるから、バーディーも取りやすい。あと、今年は特にパットの調子がいいですね。本当に素晴らしいプレーをしているから、ボミが賞金女王になると思います」

 ふたりの戦いをフラットな視線で外から観察している解説者の森口祐子プロも、やはりイ・ボミに分があると見ている。

「ゴルフの技術的な部分では、テレサ・ルーさんが今の日本ツアーではナンバー1だと思います。世界でもトップクラスであることは間違いありません。実は、予選落ちした日本女子オープンの際、彼女のラウンドに一日付いて見ていたんですね。その日は強風が吹き荒れて、多くの選手がその風に翻弄されていたんですが、そんな中で彼女は、何とか折り合いをつけようとするゴルフではなく、強風に対しても真っ向勝負を挑むようなゴルフをしていました。

 多彩なアプローチを見せて、特に強いスピンで止める球は圧巻でしたね。アイアンも切れていました。変なサイドスピンがかかるようなことはなく、ほとんどストレートで、上から落としてピンをダイレクトに狙える球筋でした。そうした技術を持っているからこそ、彼女は安易に"かわすゴルフ"をしない。それゆえ、『時に安定感を欠く』とまでは言いませんが、イ・ボミさんの安定度と比べると、そこには差があるように思います。

 翻(ひるがえ)って、イ・ボミさんは今季、昨年亡くなったお父さんとの約束を実現しようと、『賞金女王になる!』というモチベーションが高いですよね。ゴルフは技術力だけの勝負ではありませんから、そうした内に秘めた思いだったり、気持ちの強さだったり、精神的な部分が後押しする部分が必ずある。その点で、今季は総合力でイ・ボミさんが上回っていると思います」

 女王争いの真っ只中にあるふたりの思いはどうか。

「今年は、お父さんの遺言に応える意味でも『賞金女王を狙います!』と言ってきたし、一年間、がんばってきました。残りの試合も、賞金女王が獲れるよう、がんばっていきたいと思います」(イ・ボミ)

「賞金女王よりも、目標は平均ストローク60台。それを目指して、これからも自分のベストを尽くしていくだけ。結果じゃなくて、プロセスを楽しみたい。プロセスを大事にしていくことで、結果はついてくると思います」(テレサ・ルー)

 残り6試合。最後に笑うのは、イ・ボミか、それともテレサ・ルーか。見る側にとっては、このうえない戦いを存分に堪能したい。

古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki