写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱航空機および三菱重工は10月23日、10月26日から30日までの期間中に実施する予定だったリージョナルジェット機・MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機初号機の初飛行を延期すると発表した。両社の発表によれば、操舵用ペダルの改修が必要になったことが原因で、初飛行は11月9日の週に実施するとしている。

なお、来週前半には飛行許可取得に向け国土交通省の飛行前審査を受審する予定で、許可所得後は高速走行試験およびその評価などを実施して初飛行に備えるという。