デル・ピエロが自身の記録を破ったブッフォンを称賛「これからはもう少しゴールを挙げる時間だ」

写真拡大

▽ユベントスのレジェンドである元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが、自身の記録を更新した同国代表GKジャンルイジ・ブッフォンを称賛した。

▽ブッフォンは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループD第3節のボルシアMG戦にフル出場。この結果、ブッフォンはユベントスの選手としてプレーした出場時間が48839分間となり、デル・ピエロが保持していたクラブ記録を更新した。

▽デル・ピエロは自身の公式ツイッターを通じ、「おめでとう、ブッフォン。君はユーベのために僕よりも多くの時間プレーした。ただ、これからはもう少しゴールを挙げる時間だね(笑)」とツイート。ユーモアを交えてブッフォンの記録更新を称えた。

▽また、このツイートを受け、チャンピオンズリーグの公式アカウントが「アレ(デル・ピエロの愛称)にとって、ジジ(ブッフォンの愛称)が今までで一番のGKでしたか?」と投稿。これに対し、デル・ピエロは「そう、ベストだよ。ただ、彼には素晴らしい先生もいたんだ」と、自身がGKとしてセービングしている写真とともに返信した。

▽さらに、これを受けてブッフォンは、「その通りだ。そして、これが(デル・ピエロに)FKの蹴り方を教えた人物だ」と、自身がボールを蹴っている写真とともに返信している。この後にデル・ピエロがバスケットボールをプレーしている写真を用いて返信するなど、両者の冗談を交えたやり取りが繰り広げられた。