厚切りジェイソン

写真拡大

23日、お笑いタレントの厚切りジェイソンが自身のTwitter上で、日本企業における新卒の扱いに苦言を呈した。

厚切りはかねてから、新卒が何の職務に就くのかを企業側が勝手に決める仕組みを批判し、「日本の新卒採用はかなりおかしい」と繰り返し指摘してきた。

この日も、「多くの日本企業の新卒の扱い方が下手くそ」と切り出し、学生が大学で4年間学んだ専門知識と経験を顧みず、仕事を適当に割りふっていく日本企業のやり方に苦言を呈している。

厚切りは、こうした日本企業の手法が新卒の持つ価値を下げ、新卒側にとっては低い給料という不本意な結果につながると分析。その上で、「お互いに不幸ダロウ」と指摘したのだ。

さらに「日本企業に勤める人は大学に行く意味はなんだったっけ?」と、皮肉めいたコメントも投げかけた。
その上で、「自分発信で物事を考えられて実行出来る人と一緒に働きたいね」と綴り、理想的な新卒像を示している。
【関連記事】
フィフィが厚切りジェイソンの「手書き履歴書批判」に反論
厚切りジェイソンが日本人の危機意識に警鐘を鳴らす「テロ対策甘すぎ」
厚切りジェイソンがTwitterで就活生らにガチのアドバイス「嫌いな仕事で頑張っても楽にならない」