「骨盤矯正」って言葉を良く聞きますが、骨盤のゆがみとは一体どういう状態で、骨盤が歪むことで何が問題になるのでしょうか。これがわかれば、あなたも骨盤強制をしてみたくなるかもしれませんよ。

骨盤の歪みとはどういうことなのか

そもそも骨盤は開閉したり、股関節が左右でずれたり、歪みにくいパーツです。どんなに気をつけている人でも、足を組んだり利き腕ばかりでカバンを持ったり、また歩き方がおかしかったりすることで、骨盤に歪みは生じます。ちなみに歪みにはいくつかのタイプがあります。代表的な3つのタイプの特徴を見てみましょう。

骨盤が開いているタイプ

極端に内股もしくはガニ股、靴の外側ばかりがすり減る、足を閉じて座るのが苦痛。これらの特徴がある人は、骨盤が開いている可能性があります。女性に多くウエストは合っているのにスカートやパンツのヒップがきついという人もこのタイプです。

骨盤がねじれているタイプ

いつも同じ方の足を組んでいる、左右の足の長さが違う、お尻の大きさが左右で違う。これらの特徴が見られる人は骨盤がねじれている可能性があります。歩いているとスカートがクルクル回ってしまう、スリットがいつの間にか横や前にきているという人はこのタイプです。

骨盤が傾いているタイプ

どちらかの足に体重をかけて立つ癖がある、下腹やお尻が突き出ている、左右の肩の高さやウエストの高さが違う、寸胴体型、腰痛がある。これらの特徴がある人は骨盤が傾いている可能性があります。傾きは一方向だけではなく前後左右のいずれかに傾いているということだそうです。

骨盤が歪むと何が問題なの?

骨盤は身体の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ土台です。もちろん内臓を支える役目もしています。これが広がったりねじれたりすれば身体全体に下垂やねじれが生じてきます。その結果、内臓下垂のために体調不良になったりお腹が出る、姿勢保持のために無理な筋肉の使い方をして肩こりや腰痛を引き起こしたり、筋肉が緊張しているせいで血行不良になったりと悪い症状が出てきてしまうのです。骨盤のゆがみは身体全体や顔の歪みにも関わってくるので、美容にも健康にも良くありません。

すぐに解消できるものなの?

整体やカイロプラクティックに行くと、骨盤の歪みの状態を教えてもらえ、施術である程度の歪みは矯正してくれます。しかし、骨盤の歪みや開きが起きる原因は、大きいところで月経と出産ですが、基本的には日頃の習慣によるものがほとんど。一時的に矯正しても、姿勢や習慣のクセを知って直さなければまた同じように歪んできます。立ち方や座り方に気を配り、エクササイズやストレッチで自分でも骨盤矯正を心掛けてみる必要があります。カイロプラクティックやヨガ・ピラティスなどで骨盤が歪まないような姿勢や体の使い方を教えてもらうのもよいでしょう。


writer:しゃけごはん