賞金総額モンスト5,000万円、モンギア2,000万円!「闘会議2016」の企画詳細が明らかに!

写真拡大 (全3枚)

ドワンゴは、賞金・賞品総額1億円以上のゲーム大会「闘会議GP(グランプリ)」の追加開催タイトルや、一部ゲームタイトルの賞金総額を発表した。また、2016年1月30日(土)、31日(日)に開催する「闘会議2016」の企画詳細や追加協賛社、会場イメージ図も公開した。

■「モンスターストライク(R)」で賞金総額5,000万円、「モンスターギア」で 賞金総額2,000万円の大会が開催
日本最大級のゲーム大会「闘会議GP(グランプリ)」では、総勢40以上のゲーム大会が開催され、その賞金・賞品の総額は1億円以上を超える規模。一部のタイトルは9月より地区大会が開催されており、各大会の成績優秀者は、来年1月に開催する「闘会議2016」の決勝大会に出場することができる。

このたび、「闘会議GP」の使用ゲームタイトルを追加公開。「スーパーマリオメーカー」、「ダンジョンストライカー」、「実況パワフルプロ野球」(モバイルゲーム)、「レインボーシックス シージ」などを始めとする人気ゲームの大会が決定した。また、現在3タイトルで開催中の地区大会に、「モンスターストライク」(賞金総額5,000万円)「モンスターギア」(賞金総額2,000万円)の2タイトルが追加された。

【闘会議GP概要】
<実施タイトル>
モンスターストライク(賞金制大会/総額5,000万円) / モンスターギア(賞金制大会/総額2,000万円) /
ダンジョンストライカー(賞金制大会/総額1,100万円)/ レインボーシックス シージ(賞金制大会)/
スーパーマリオメーカー / Splatoon / 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U /
パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション / 実況パワフルプロ野球(モバイルゲーム)/
ウイニングイレブン2016 / METAL GEAR ONLINE / The 5th KONAMI Arcade Championship /
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT/あっちむいてホイ 

<今後の地区大会スケジュール>
11月3日(火・祝):闘会議GP近畿地区大会inグランフロント大阪 うめきた広場(大阪府)
11月15日(日   :闘会議GP東北地区大会inイオンモール名取(宮城県)
11月22日(日)  :闘会議GP中国地区大会inイオンモール広島祇園(広島県)
12月 6日(日)  :闘会議GP東海地区大会inイオンモール名古屋茶屋(愛知県)
12月13日(日)  :闘会議GP四国地区大会inイオンモール高松(香川県)
12月20日(日)  ;闘会議GP近畿地区大会inイオンモールりんくう泉南(大阪府)
12月26日(土)および27日(日):闘会議GP北海道大会inイオンモール札幌平岡(北海道)
12月26日(土)および27日(日):Splatoon甲子園 関東地区大会(東京・ニコニコ本社)
1月9日(土)および10日(日) :闘会議GP九州地区大会inイオンモール福津(福岡県)
1月30日(土)  :パズドラ インターナショナル チャンピオンシップ 最終予選大会(闘会議2016内)

※一部の大会主催は、一般社団法人e-sports促進機構となります。
※実施タイトルは今後追加発表します。賞金制大会は一部の大会となります。
※各大会の詳しいルール、開催地区は闘会議GP公式サイト(http://tokaigi.jp/gp/)をご確認ください。

■アナログ、レトロ、音楽、アーケード、ゲーム実況 あらゆるゲームジャンルが揃う「闘会議2016」
「闘会議2016」は、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント。2016年1月30日(土)と31日(日)、前回から会場規模を約2倍に拡大し、幕張メッセ国際展示場1〜6ホールを使用して開催される。

この度、ゲーム好きの人にはおなじみの楽曲を演奏する「音楽ステージ」、ゲームの世界観を楽しめる「フードコート」などの新設ブースのほか、昔懐かしいゲームをプレイできる「レトロゲームエリア」、ボードゲームやカードゲームで遊べる「アナログゲームエリア」、ニコニコで活躍しているゲーム実況者が出演する「ゲーム実況ステージ」などのブース概要を発表。また、前回よりパワーアップした会場のイメージ図も公開した。

■闘会議2016ブース ピックアップ紹介
※下記以外にも多数のブース・ステージが実施される。

音楽ステージ:懐かしのものから最新のものまで、ゲーム音楽の生演奏を行う。
フードコート:RPGの世界観を体験できるメニューを楽しむことができる。また、待機列で並んでいる方に温かいドリンクのワゴン販売も行う。
レトロゲームエリア:昔懐かしいゲームハード・ソフトを試遊できたり、巨大コントローラーなど変わったコントローラーで遊べるコーナーを設置。また、前回好評だったアイロンビーズコーナーも実施。
アナログゲームエリア:アナログゲームを使った大会のほか、一人の棋士が同時に複数人と対局する「多面指し」などを実施。1日中遊べるほどのアナログゲームが集まる。
闘運動場:約150名のユーザーがマインクラフトで制作した「俺たちの新国立競技場」を使い、ゲーム上で大運動会を行う。
Splatoonブース(仮):9月より全国各地で開催している「Splatoon甲子園」の決勝戦が開催されるほか、ユーザーがニコニコに投稿した絵や動画を展示する「みんなのイカ自由研究発表会」を実施。
スーパーマリオメーカーブース(仮):「スーパーマリオメーカー つくる王 あそぶ王 決定戦」を開催。「スーパーマリオメーカー」のコース制作部門と、コースクリア部門の2部門で優勝者を決定。
自作ゲームエリア:同人ゲーム・インディーゲームの展示即売会「デジゲー博」を開催。また、前回好評だった自作ゲーム大年表のパワーアップ版も展示。
実況ステージ:「闘会議2015」では70名以上のゲーム実況者が出演。今回も多数の実況者が出演予定だ。

【チケット情報】
・一般入場券…【前売券】1,500円 【当日券】2,000円 【2日通し券】2,500円
・優先入場券…【1日券】1,600円 【2日通し券】2,700円(優先入場券は前売りのみ)
・団体入場券…1,500円/人(15名〜40名の範囲で申込可)※優先入場口より入場して頂けるほか、団体様向けの看板も用意される。

【闘会議2016協賛社一覧(10月22日付)】
特別協賛:任天堂株式会社
協  賛:ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社/ XFLAG(TM)スタジオ/
     セガグループ(株式会社セガゲームス、株式会社セガ・インタラクティブ、
     株式会社サミーネットワークス他)/株式会社コナミデジタルエンタテインメント/
     株式会社エイチーム/株式会社バンダイナムコエンターテインメント/
     株式会社コーエーテクモゲームス/DMMゲームズ/フォールアウト4/株式会社レベルファイブ/
     株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント/株式会社カプコン/
     株式会社ヤマハミュージックジャパン/ユービーアイソフト株式会社/株式会社KADOKAWA

■闘会議2016

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・内閣支持率ほぼ5割に回復! ニコニコアンケート10月度「月例ネット世論調査」の結果を発表
・「今月のいきもの」はチンアナゴ!51時間生中継を実施
・「GACKT presents 神威♂楽園」が降臨!「ニコニコ超パーティー2015」の全タイムスケジュールが決定!
・知事や名物市長も登場し3万人超が集結したコニコ町会議 in愛知県名古屋市
・棋士16名の対戦カード決定!「第1期叡王戦」10月17日より本戦トーナメント開催