写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ブレインパッドは10月22日、自然言語処理エンジンの「Mynd plus(マインドプラス)」の提供を開始した。

同サービスは、ブレインパッドが提供する「Semantic Finder (セマンティックファインダー)」と、グループ子会社となるMyndが提供する「Mynd Engine (マインドエンジン)」を統合した新サービスで、テキストなどのデジタルデータを独自のアルゴリズムで解釈・処理し、従来人の手で行ってきた業務を「より早く」「より精緻に」処理するほか、人の手では行えない「より高度な」データの処理も実現する。これにより、デジタル・マーケティング領域での活用だけでなく、さまざまなビジネスシーンでの活用が期待できるという。

同社は活用例として、Webメディアなどの記事コンテンツに対して「自動タグ付与」や「自動分類」、Webサイト上の類似コンテンツ・類似ユーザーを軸とした「レコメンドコンテンツの抽出」、Webメディアの大量記事や論文などの「自動要約」、コールセンターや相談業務上発生する会話データの「テキストマイニング」、アンケートや口コミのデータなどの「テキストマイニング」などを想定する。