11月開催の日本代表W杯予選…シンガポール戦はフジテレビ、カンボジア戦は日テレで生中継

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、11月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選(兼AFCアジアカップUAE2019予選)のシンガポール代表戦、カンボジア代表戦のテレビ放送が決定したと発表した。

▽11月12日(木)に行われるシンガポール戦(グループ3位)はシンガポール・ナショナルスタジアムで開催され、フジテレビ系列にて全国生中継で放送される。日本時間の20時15分キックオフ予定。

▽また、11月17日(火)に行われるカンボジア戦(グループ5位)はカンボジア・ナショナルオリンピックスタジアムで開催され、日本テレビ系にて全国生中継で放送される。日本時間の21:14分キックオフ予定。

▽日本は現在、他の4カ国より1試合少ない4試合を消化し勝ち点12の2位。首位のシリア代表とは勝ち点1の差、3位のシンガポールとは勝ち点7差となっている。