ハリのないたるんだヒップを上向きに!1日1分歩くだけの「ヒップアップウォーキング」

写真拡大

「ヒップのたるみを解消したい」「ハリのある上向きヒップになりたい」‥‥女性なら誰もが憧れるスタイルですよね。そのために一所懸命に筋トレするのもいいですが、でも、それってツラくありませんか? しかもずっと続けることを考えると、なかなか難しいのが多忙な現代人の現実です。

 でも、実は普段の生活の中でできる、効率的なヒップアップ法があるんです。

「通勤や通学、買い物に出かけたときなどに、1分間だけでいいですから、お尻の間に小さなビー玉を挟んで、それを落とさないようにしているようなイメージで歩いてみてください。すると、お尻の筋肉にグッと力が入るのがわかると思います」

 こう教えてくれたのは、これまでにも多くの有名トレーナーを取材してきたフィットネスライター。ヒップのきれいなラインを作るには「脂肪ではなく筋肉が重要」と話す。

「皮下脂肪のすぐ下にあるのが大殿筋で、その奥には中殿筋や小殿筋といった筋肉があります。これらの筋肉群を鍛えてハリを持たせたり、少し発達させたりすることでカタチを整えることができるんです。また、歩くときには“足を前に出す”のではなく、“地面を後ろに蹴る”感覚を意識すると、より効果的です」(前出・フィットネスライター)

 実は、主に歩行力を生み出しているのも、このお尻の筋肉たち。積極的に使うことで女性らしい丸みを持ったヒップが生まれるという。続けて解説する。

「やってみるとわかりますが、お尻の間に何かを挟んでいるような意識で歩くと、お腹まわり、つまり体幹にもスッと力が入って姿勢も良くなります。そのときに肩甲骨を少し背骨に寄せるように意識するといいですね。すると、バストラインも目立つようになるので、全身のスタイルを良く見せられるようになります」

 そのうえ、太ももからふくらはぎにかけての筋肉も動きが多くなるので、脚のラインもきれいになるという、うれしいオマケも付いてくるのだとか。これなら1日1回1分だけと言わず、何回か繰り返してもいいかもしれません。

 歩く姿勢がきれいだ、颯爽とした女性のイメージが演出できます。何気なく歩くのではなく、普段からほんの少しだけ意識することで、美尻を目指していきましょう。