写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Future Readyとは?
米Dellは、10月20日〜22日(現地時間)、米テキサス州 オースティンで「Dell World 2015」を開催した。21日のオープニング ゼネラルセッションでは、同社会長兼CEOのマイケル・デル(Michael Dell)氏のほか、米Microsoft CEO サトヤ・ナデラ(Satya Nadella)氏が登壇し、今日のテクノロジがもたらすイノベーションについて紹介した。

マイケル・デル氏は、冒頭に、先日合意に達したことが発表されたEMCの買収について触れ、「EMCはテクノロジーカンパニーとして有名な会社で、DellがEMCを買収すれば800億ドル以上の会社になり、世界で一番大きなエンタープライズシステムの会社になる。DellとEMCの組み合わせが顧客にユニークなガイダンスを提供する。Dellにとっても、EMCにとってもメリットがある」と、今回の買収が両社にとってメリットがある点を強調した。

また前日の記者会見でも同氏は、「EMCと組めるというのはワクワクしている。これによってサーバ、ストレージ、仮想化、PCというITの4つの分野で、ワールドリーディングの世界屈指の企業ができる。また、この2社が組むことで、極めて強いGo to Marketエンジンができ、中小企業や新興市場に対するリーチも広がる。さらに双方がR&Dやサプライチェーンもすばらしいスケールで持っている」と語っている。

○Dellが考えるFuture Readyとは?

今回のイベントの大きなテーマは「Future Ready」(将来を見据えた準備)だ。では、Dellが考える「Future Ready」とは何だろうか?

これに対しマイケル・デル氏は講演の中で、「俊敏性、柔軟性、見える化はみなさんから毎日聞いていることだが、Future Reradyテクノロジのテーマでもある。柔軟性のあるインフラ、新しいワークロード、新しい波に対応できるインフラということだ。Future Reradyというのは、単に、既存のインフラを刷新することではなく、明日も使えるテクノロジによってビジネスが成長できるように、アプリのパフォーマンスを最適化していくことだ」と述べている。

そして同氏は講演中で「最終的な答えはハイブリッドクラウドにある」と述べるなど、今回のDell Worldでは、同社がFuture Reradyテクノロジの1つとして、ハイブリッドクラウドに注力する姿勢がうかがえた。

同氏は、ハイブリッドクラウドに注力する理由を「Dellには、コンバージドインフラをはじめ、未来のデータセンターのためのソリューションがそろっている。未来のデータセンターはハイブリッドクラウドモデルが大多数になるだろう。EMCの買収によって、ハイブリッドクラウドへの移行がより、早く、もっと安くできるようになる」と語っている。

製品としても、「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」というAzureを利用したハイブリッドクラウド構築用のコンバージドシステムをリリースしている。

マイケル・デル氏は、この製品を出した背景を「マイクロソフトとともに、ハイブリッドクラウドを実現していきたい。ワークロードをプライベートでも、バプリックでも、どこでも運用できることが重要だ。そういう未来を描いている」と説明している。

ゲスト出演した米Microsoft CEO サトヤ・ナデラ氏も「エンタープライズでは、お客様の現実に合わせなければならない、業界内の事情だけのことではでない。Azureの目標は、エコシステムを拡大し、新しいカテゴリ/需要を生み出すことだ。デバイスはすべて出尽くしたかといえばそうではない。クラウドでも同じことがいえる。選択肢が重要だ。単に2社間のパートナーシップを拡大することではなく、お客様のニーズにいかに応えていくか重要なのだ」と、ハイブリッドクラウドの重要性を語っている。

一方でマイケル・デル氏は、クラウドを利用した場合の懸念材料としてセキュリティを挙げ、次のように語った。

「ビジネスのデジタル化では、ビッグデータよりビジネスの優位性を獲得することや、クラウドへの移行が必要になるが、一方で、ビジネスのリスクも管理する必要がある。デジタルトランスフォーメーションというのはデータ、洞察、知見が重要になる。データがいろんなデバイスを飛びかう中、ミッションクリティカルなデータをパブリッククラウドに移行した場合、きちんとした保護が行われるかどうかわからない。大きなビルともなれば、1万以上のノードが存在し、これらすべてが脆弱ポイントになる。サイバー攻撃はいまや産業になっており、グローバルで活動している。Dellはこの課題に取り組んでおり、End to Endのセキュリティを構築してきた。マルチエンジンのサンドボックス・テクノロジーも導入している。SonicWALLの次世代ファイアウォールも統合している。今後RSA、AirWatchとパートナーを組むことによって、セキュリティ機能をさらに統合していく」と、セキュリティにも注力する姿勢を見せた。

そして、「Dellはクラウドインフラではリーダーであった。調査会社のデータでは、「Dellは市場の平均より高い伸びを記録している。そして、ハイブリッドクラウドのためのあらゆるものがそろっており、ポートフォリオをさらに拡張しようと思っている。クラウド間の連携やセキュリティに取り組んでいこうと思っている」と述べた。

●IoTとビッグデータ
また、ゼネラルセッションでは、DellがIoTとビッグデータにも注力する姿勢を見せている。

マイケル・デル氏はIoTについて、「調査会社のデータによれば、まだ、85%のデバイスはつながっていないが、これからつながるようになる。そうなれば、大量のデバイスがインターネットに接続されるようになる。センサーは安価になっており、IoTのデバイスが1000倍になれば、データもアプリ×1000という数になり、2020年には、そのデータ量は44ゼタバイトにもなると予測されている。これが、次の1兆ドルの成長が見込める分野になる。このチャンスをものにするためには、マシンが生成するデータを理解しなければならない。ビジネスの競争に勝てるかどうかは、これらのデータの解析にかかっている。Dellはこれまでも情報を活用するお手伝いをしてきたが、新たに専門チームを作った。ハード、ソフト、サービスのすべてにかかわるグループだ」と、IoTの新たな組織を作ったことを発表した。

さらに、「世界中のCEOは成功のためのデジタルトランスフォーメーションに乗り出そうと考えている。この変革は消費者志向のもので、スマートデバイスによる接続データをリアルタイムで分析し、より深みあるのデータを導き出すことをスピードをもってやる必要がある。そのためには効率のいいインフラが必要で、その要素を我々はもっている。そして、これからも継続的に投資して、イノベーションを起こしていく」と述べている。

そして、同氏は、新たな製品として「Edge Gateway 5000」シリーズを紹介した。

Edge Gateway 5000は産業用センサーのプロトコルを変換し、PCでもデータ管理を行えるようにするものだ。

マイケル・デル氏はこの製品を「エージェントレスであらゆるセンサーデバイスを接続できる。これを利用してアナリティクスにつなげることができる。イノベーションをリードする上で、このゲートウェイは非常に重要になる」と語った。

IoT分野におけるEMC買収のメリットについて同氏は、「スマートセンサーなどがインターネットにつながっており、EMCを通してPivotalプラットフォームにアクセスすることができる」と述べている。

もう一方のビッグデータについては同氏は、「ビッグデータはビッグサクセスが本当の意味だ。ビッグデータの利用目的はいろいろあるだろうが、我々はパートナーの技術を用いてサポートしていきたい。Dellとしては、古くなったUNIXをx86サーバあるいはコンバージドインフラへの移行するお手伝いをしていきたい」と語った。

また、Dellはビッグデータ関連のソリューションとして、データ分析ソリューション「Statistica」の最新リリースとなる「Statistica 13」もイベント中に発表している。

「Statistica 13」は、コーディングが不要で、オープンソース「R」とシームレスに統合可能なソリューション。 オープンソース「R」との緊密な統合により「R」スクリプトの共有と管理が容易になり、ユーザーがデータベース内で直接分析し、大規模データセットを効率的に利用できる新機能「Native Distributed Analytics(NDA)」を追加している。

「Statistica 13」では、SQL Serverデータベース対応のNDA機能を搭載し、その後に他のデータベースに順次対応していく予定だという。

そして、Dellが目指す未来については、米Dell シニアバイスプレジデント CMO Karen Quintos氏が「我々の信念はテクノロジをもっと手の届きやすいところにもっていくことだ。Future Readyというのはエンタープライズだけでなく、世界全体が未来に備えなければならない。我々は未来を変えるお手伝いをしている。いつも、テクノロジを使って世界を変えることができるのか、雇用が生み出せるのかを問いかけている」と説明した。

(丸山篤)