米オバマ大統領も「バック・トゥ・ザ・フューチャー」デーを祝う。

写真拡大

米オバマ大統領が、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」デーを祝し、マイケル・J・フォックスにお祝いのメッセージを贈った。

1989年作の「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」は、マイケル演じるマーティが“2015年10月21日”の未来にタイムトラベルするところからストーリーが展開していく作品だったため、ちょうどその日にあたる21日(水)に、オバマ大統領は自身のツイッターで「ハッピー・バック・トゥ・ザ・フューチャー・デー、マイケル・J・フォックス!僕らが夢見た未来の世界に暮らしているなんて考えたことあったかな? かなり大きな事だよ」とツイートしたのだ。

このオバマ大統領のツイートに対しマイケルは「大統領、僕は歴史を作り上げている誰かとこんな風に未来についてお話し出来ているなんて夢にも思っていませんでしたよ」とすかさず返答している。

さらに今週初めにはドク役を演じたクリストファー・ロイドも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」について「30年も語り続けられるようなキャラクターは他に現れないよ」「人気が出た映画はそのうち消え去っていくものさ。でも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は消え去る事はないんだ。昨夜作品を鑑賞したんだよ。1985年や1986年あたりとは思えないくらい、新鮮で斬新な作品だと言いたいね。たくさん笑い所もあるしさ」とあるインタビューの中で熱く語っていた。