熊本県天草発「イルカのティーバッグ」が可愛いすぎる

写真拡大

ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ!思わずティーポットで泳がせたくなりませんか?

ティーバッグを
イルカ型にしてみたら
想像以上にカワイイ!

detail_1191_1442836759

detail_1191_1443150533

どうです、このイルカのディテールを忠実に再現したティーバッグ。背びれや尾びれだけでなく、イルカの特徴である細い口先もちゃんと表現されています。持ち手の紙が碇なのもこだわりポイント。
このイルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知ってもらおう」と、企業努力の末に誕生したデザインなのです。

「できません」の一点張り
だったら自分たちで作ろう!

detail_1191_1442836937

熊本県天草郡苓北町(れいほくまち)富岡、天草灘が目の前に広がる丘で作られているお茶があります。飲み終わった後に広がる、すっきりとした甘みが特徴の“矢部茶”。この土地でお茶屋を営む「松下園」が、どこにもないイルカのティーバッグを考案しました。

どこのティーバッグ製造メーカーに依頼しても、「できない」と断られ続けた末に、「だったら自社で作ってしまおう!」と果敢なチャレンジに挑んだそう。お茶は作れど、ティーバッグは素人。素材選びや加工方法、試行錯誤の末にようやく形になるまで、半年を費やしたといいます。見た目はもちろん、しっかりと茶葉から抽出できるシェイプにこだわっています。

ブルーの海をイルカが泳ぐ

detail_1191_1442836596

detail_1191_1443157818

こちらは、水色がマリンブルーから紫、さらにレモン汁を入れるとピンクに染まるハーブティーの“ブルーマロウ”。こちらは海の中を泳ぐ、本物のイルカをイメージしています。確かに。でも、抽出中はユラユラさせずに、じっと眺めている方がお茶がしっかりでるんだとか。

現在、商品化に向けてクラウドファウンディング「Makuake」で資金調達中のこのイルカ。こんなかわいいティーバッグなら、ぜひ、淹れたてを誰かに飲ませてみたくなるでしょ?

Licensed material used with permission by Makuake