「日立3ツアーズ選手権」出場を目指す成田美寿々が3アンダー5位タイと上々のすべりだし!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<マスターズGCレディース 初日◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,543ヤード・パー72)>
 国内女子ツアーも残り6試合。賞金女王や最終戦への出場権など大詰めを迎える中、年末の風物詩でもある「日立3ツアーズ選手権」に闘志を燃やす成田美寿々が好発進を見せた。
昨年「日立3ツアーズ選手権」LPGAチームの優勝写真!
 「日立3ツアーズ選手権」には昨年会長推薦として出場、キャプテンとしてチームを牽引し見事優勝に導いた。今年の出場条件は出ていないが、例年からみれば「樋口久子 Pontaレディス」終了時点での賞金ランクが出場権に関わるため、これからの2試合での上位フィニッシュは最低条件。「日立3ツアーズ選手権」は普段あまり関わることがない男子プロやシニアプロの技を見られる絶好の機会でもあり、出場への想いは強い。昨年MVPに輝いた大山志保と「今週と来週、頑張りましょう」と健闘を誓い合って今大会に臨んだ。
 気合い十分の初日ラウンドは「ピンチもあったけど、パターが入ったし良いバンカーショットもあった。ノーボギーで回れたのは大きいですね」と合格点。「ショットも良かったけど、やっぱりパットが一番良い」プレーで3アンダー5位タイ、首位と2打差の好位置につけた。
 兵庫県は今季2勝を挙げている相性の良い舞台。加えてこの大会は「去年は予選落ちしたけどそれまでずっと上位(2013年5位タイ、2012年6位タイ)でしたし好きです」とコースもハマっている。うまが合う土地で憧れの舞台への足がかりを掴みたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
上田桃子、「可能性が0になるまで頑張る」逆転女王の僅かな望みにかける
起死回生のチップイン!ホステス・ボミが2億円に向け1打差2位発進
2014年「日立3ツアーズ選手権」“最強ツアー”は女子チーム!最終ホールで強さを見せ3年ぶりV
LPGAチームを牽引した成田美寿々 先輩2人から学んだ貴重な1日
「フボンLPGA台湾選手権」藍、美香、さくら、野村、初日の結果は?