写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するフィギュアシリーズ「HI-METAL R」より、2016年2月に発売される「HI-METAL R リガード」の予約受付が、全国の家電量販店、ホビーショップ、オンラインショップなどでスタートしている。価格は7,344円(税込)。

「HI-METAL R」は、歴代『マクロス』作品に登場する可変戦闘機「バルキリー」の各機体を、1/100スケールの可変モデルとして商品化する歴史あるブランド「HI-METAL」シリーズの変形、マテリアル感を踏襲し、キャラクターの世界観をさらに広げる新シリーズ。「変形・ギミック」「複合マテリアル」を踏襲しながら、『マクロス』シリーズ、バルキリーに限らずさまざまな作品、キャラクターを立体化することを発表していたが、第3弾にしてついにバルキリー以外のラインナップが登場する。

「HI-METAL R リガード」は、1982年より放送されたTVアニメ『超時空要塞マクロス』に登場するゼントラーディ軍の主力兵器である量産型メカ「リガード」を立体化。オリジナルデザインの宮武一貴氏が立体監修としてディティールの見直しを行い、細かなマーキングまで再現したモデルとなっている。また、脚の二重関節でダイナミックなポージングを可能にしており、付属の台座と専用ジョイントを装着すると飛行ポーズをとることもできる。ほかにもキャノンの可動はもちろん、開閉するコクピットや操縦スロットルなどが細密に造形されている。

また、「HI-METAL R」第1弾として発売された「HI-METAL RVF-1J アーマードバルキリー」と劇中さながらの戦闘シーンを再現できるよう、ほぼ同スケールの全高約190mmにサイズを最適化するなど、シリーズとして楽しめる工夫も。セット内容は本体に加え、台座用ジョイントパーツ、台座一式。

(C)1982 ビックウエスト