今春の「第29回日本医学会総会」(写真:会場の国立京都国際会館のHPより)

写真拡大

 1902(明治35)年に発足した日本医学会は、日本医師会の下に設置された学術研究学会だ。「医学に関する科学および技術の研究促進を図り、医学および医療の水準の向上に寄与する」ことをめざして、総会やシンポジウムの開催、会員への情報支援を行い、学会の適正な運営を図っている。

 その傘下には、会員10万人以上を擁する日本内科学会を皮切りに、日本癌学会、日本肺癌学会、日本胃癌学会、日本循環器学会、日本アレルギー学会、日本肝臓学会など、122もの分科会がひしめき合う。しかも、各分科会に多種・多領域の研究会が混在するため、正確な実態は掌握できない。

 巨大化・複雑化する日本医学会のプレゼンスは、医師にも患者にも社会にも、様々な課題を投げかける。何が問題なのか?

122もの分科会を抱える日本医学会が抱える数々の問題

 第1に、医学会はどのように作られ、なぜ会員は増えるのか? 典型的なのは、大学教授が自分の専門領域の研究会をまずスタートさせ、会員が一定数に達すると、分科会を立ち上げるパターンだ。

 分科会は、会員数が増加すればするほど、製薬会社との互恵関係が深まり、医薬品の販促の役割を担いつつ、学会の理事長や理事を務める教授らの政治的・財政的な利権を生む。つまり分科会は、臨床研究のステージでありながら、大学教授の利権や専門分野への覇権を強めるステージに成り下がっている。したがって分科会は、雨後の筍のように飽くことなく自然増殖していくのだ。

 第2に、医学会は医師や患者のために役立っているのか? 生命科学や医学の目覚ましい進歩は、医療の専門化や高度化を日々強めている。医学会の会員である大学病院の医師は、学会での発表数が医局員の評価に直結するため、臨床時間や生活時間をカットしてでも、できるだけ最新の技術やエビデンスを加味した研究発表に努めつつ、医学会に参加せざるを得ない。

 大学病院の医師が所属する分科会は、1人平均10学会。参加する分科会の数が多すぎるので、時空間的・経済的にも、精神的・肉体的にも多大な負担になる。その結果、研究発表のクオリティは低下することになり、タイトルだけを変えた論文を複数の学会で使い回しするという愚行を犯す。それが、分科会の研究発表に忙殺され、振り回されている医師の実態だ。そのツケは、患者の診療時間の短縮や治療機会の喪失につながる。まさに本末転倒だ。

 第3に、専門医制度は、医師の足枷(あしかせ)ではないのか? 各分科会は独自に専門医資格を作ったため、専門医が急増した。専門医は5年に1度の更新が義務づけられている。専門医を標榜するためには、毎年、学会に出席し、専門医の申請に必要な更新クレジットを獲得しなければならない。しかも医局勤務の医師は、ステイタスになる専門医資格がなければ、医局勤務に支障を来す。専門医制度は、医師の足枷、手枷そのものだ。

 第4に、分科会は研究発表のステージとして最適なのか? 分科会で発表される研究テーマの重複や過剰なポスター発表は、情報の希少性や伝達効率の面からも改善が必要だ。しかも、理化学研究所や国立教育政策研究所をはじめ、大学付属の研究所や研究グループが開催する会議に参加できる機会も少なくない。多忙をかいくぐって参加する医師なら、分科会が研究発表のステージとして最もふさわしいかどうかを考えざるを得ない。

 第5に、分科会は必要なのか? 医学会に属する分科会を客観的に評価する仕組みはない。学会誌に掲載された論文のクオリティによって学会を評価する慣習もない。掲載論文を世界の研究者が引用する事例はほとんどない。さらには、臨床研究の公正性や透明性を確保するために、日本医学会が定めた「利益相反(COI)マネージメントに関するガイドライン」はあるが、分科会の組織形態や運営に対する強制力はない。つまり、社会的なセクターとしての分科会は、公益的にも学術的にも存在意義や貢献度が深く問われることはない。

玉石混交の分科会の時代錯誤と不透明性!

 しかも、さらに憂慮すべき深刻な問題がある。分科会の時代錯誤と不透明性という弊害だ。

 遺伝子工学や分子生物学などの生命科学は、今や医学の横断的な知見であり、医学教育に欠かせないインフラになっている。生命科学に根ざす医学の探究や産学連携は、分科会が果たすべき重要な役割であり、ミッションに違いない。

 だが、生命科学の急激な進歩によって、研究分野が細分化され、臨床領域が多様化したために、分科会の守備範囲が広がり、多種多様な"専門店"に枝分かれした。その結果、分科会は、多領域の研究者が集まる玉石混交の研究機関に変質した。専門性の境界が曖昧になり、分科会が果たすべき機能も、特化すべき役割も不透明になってきた。何のための分科会なのか? 会員の意識のズレやバイアスも顕在化してきたのだ。あたかも羊頭狗肉の様相に近い状況ではないのだろうか?

 このような分科会の巨大化・複雑化は、非効率な運営を招き、組織の有用性、存在価値、社会的貢献度を問い質し、マンモス学会は不要という論調にもつながっている。

 垂直・タテ割り的な診療から水平・横断的な医療イノベーションに追いつけない時代遅れの"巨大デパート"、日本医学会。分科会の乱立は、大学病院の医師の負担を増やすものの、医療技術や知見を向上させたり、臨床治療を進歩させたりしないのは明らかだ。ムダな分科会は、減らさなければならない。

 解決策はないのか? 分科会の共同開催、分科会の統廃合や窓口の一本化によるダウンサイジングも模索されるが、現実的には困難だろう。時間・空間を共有するITの活用は、どうだろうか? iPadでスライドショーを見たり、オンデマンドでアクセスしたり、youtubeで閲覧したりできれば、会場に行く必要はない。システムを改善すれば、質問したり、会員がコミュニケーションを深めたりできるかも知れない。

 日本医学会の知名度、スケールメリット、国への提言力などの利点を活かしつつ、足下の問題を解決していく他ない。それが、医師の負担を減らし、患者の利益を守り、医療イノベーションを実現できる唯一の活路かも知れない。
(文=編集部)