「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で超有名になったデロリアンをまるっと振り返ってみました

写真拡大

10月21日は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』で、主人公たちが向かった"未来"の日でした。そこでAutoblog Japanでは、あの映画で印象的な働きを見せる名車「デロリアン DMC-12」について、過去に掲載された記事から振り返ってみることにしよう。

【ギャラリー】DeLorean DMC-12 (16枚)

GMで洋々とした前途が約束されていたにも拘わらず、自分の理想とするクルマを作るために大会社を退社したジョン・ザッカリー・デロリアンは、1975年にデロリアン・モーター・カンパニーを設立。イギリス政府から資金援助を受け、北アイルランドのベルファスト郊外に工場を設立する。そこで生産された唯一のクルマが、映画の中でタイムマシンに改造された、ステンレス製のボディとガルウイング・ドアを持つ「デロリアン DMC-12」だ。

スポーツカーやF1で名高いあのロータスに設計を依頼し、著名なカー・デザイナーであるジョルジエット・ジウジアーロにスタイリングを担当させたと聞けば、なるほどデロリアン氏の理想に燃えた情熱は痛いほど感じられる。ただし、当時の排気ガス問題やオイルショックの影響を受け、エンジンは(それまで彼が親しんだ)大排気量のV型8気筒ではなく、PSA(プジョー・シトロエン・グループ)、ルノー、ボルボが共同開発した排気量2,849ccのV型6気筒を採用することになったため、最高出力は僅か130psに過ぎなかった。それでいて価格は「コルベット」の2倍以上、しかも北アイルランド工場の製造品質は低く、多くのトラブルに見舞われたオーナーの声から評判と売れ行きは低下。おまけに創業者のデロリアン氏がコカイン密輸容疑を掛けられて逮捕されたこともあって会社は行き詰まり、1982年に倒産してしまう。約9,000台ほどのDMC-12を生産した工場も閉鎖された。

Autoblog Japanでは、そんなDMC-12に毎日のように乗っているというオーナーの方からお話を聞いたことがある。ショップで野ざらしになっていた車両を手に入れ、2012年当時の走行距離は14万kmオーバー(今はもっと増えていることだろう)。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』30周年を記念してデロリアン購入を考えている方には参考になるかもしれない。ご一読いただければ幸いだ。

映画で有名な「デロリアン DMC-12」、実車は一体どんなクルマ? オーナーにも訊いてみた!
http://jp.autoblog.com/2012/03/03/nostalgic2days-2012-dmc-12/

実際にタイムマシンに改造された...わけではないが映画の撮影に使われたデロリアンが話題になることもある。『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part3』で西部開拓時代へ行き、ZZ Topとも共演したDMC-12は、2011年にオークションに出品されている。この時は54万1,200ドル(現在のレートで約6,500万円)の入札価格を記録し、その一部は難病と闘う映画の主演俳優が設立した「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」に寄付されたという。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で実際に使用されたデロリアンがオークションに
http://jp.autoblog.com/2011/11/27/on-the-block-back-to-the-future-iii-delorean-up-for-auct/

映画の撮影では複数のDMC-12が使用されたが、その最初に製作された車両は、シリーズの脚本を手掛けたボブ・ゲイル氏の働きかけにより修復作業が施された。撮影終了後には関係者の所有する敷地で屋外に放置されていたという。Time Machine RestorationのFacebookでその姿を見ることが出来る。

【ビデオ】映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン修復プロジェクト!
http://jp.autoblog.com/2012/11/25/we-check-up-on-the-back-to-the-future-delorean-time-machi/

【ビデオ】デロリアンが初号機の姿となってユニバーサルスタジオに復帰!
http://jp.autoblog.com/2013/02/20/restored-back-to-the-future-delorean-arrives-at-universal/

素敵な外観に対し、オリジナルのパワーユニットは魅力が劣るためか、それとも映画の影響からエンジンより電気で走らせたいと思うからか、デロリアンは電気自動車に改造されることも多いようだ。米国では市販を目指して開発が行われていたが、日本でも広島県在住のエンスージァストたちがデロリアンのEV化を完成させ、実際にナンバープレートを取得して公道を走らせていた。

【ビデオ】'13年に発売予定の「デロリアンDMC-EV」に試乗!
http://jp.autoblog.com/2012/01/26/translogic-takes-delorean-dmc-ev-for-a-spin/

実際に日本で走っている! 電気自動車にカスタムされた「EVデロリアン」!!
http://jp.autoblog.com/2012/03/18/ev-delorean/

実車のデロリアン DMC-12は、日米の「ユニバーサル・スタジオ」や、東京お台場にある「メガウェブ」でご覧になれる。メガウェブ内のヒストリー・ガレージでは展示だけでなく時々同乗走行体験を実施することもあるので、タイムトラベル気分を味わいたい方は公式サイトをチェックしてみよう。

気分はタイム・トラベル!? 「デロリアン DMC-12」に乗ろう!
http://jp.autoblog.com/2010/11/02/history-garage-delorean-and-skyline/

スクリーンを離れても、CMに登場することもある。アルゼンチンの家電量販店はクリストファー・ロイド演じる"ドク"と、タイムマシーン化されたDMC-12を起用。2015年には製品化されていたはずのホバーボードを開発しているトヨタは、水素燃料電池車「MIRAI」のCMで、主人公マーティ・マクフライ役のマイケル・J・フォックスをドクと共演させた。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からドクが戻ってきた! その行先は!?
http://jp.autoblog.com/2011/09/01/christopher-lloyd-reprises-doc-brown-role-with-de-lorean-for-arg/

【ビデオ】バック・トゥ・ザ・「MIRAI」? マーティー・マクフライとドクがトヨタの最新CMで再会!
http://jp.autoblog.com/2015/10/18/toyota-mirai-back-to-the-future/

公開から30年経った今も『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とデロリアンはクリエイターの想像力を刺激し、ゲームやレゴになったりしながら、1985年には生まれていなかった若いファンも含め多くの人々に愛され続けている。

【ビデオ】来年発売! 日本から生まれた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレゴセット
http://jp.autoblog.com/2012/12/27/lego-will-offer-back-to-the-future-delorean-set-in-2013/

【ビデオ】人気ゲームを改造し、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の世界を完全再現!
http://jp.autoblog.com/2012/09/03/rabid-fan-creates-perfect-back-to-the-future-mod-for-gta/

さて、これを書き上げたらDMC-12のミニカーを片手に、皆さんと同様、久しぶりに映画のDVDでも観ることにしよう(でもやっぱり一本目が一番好き)。デロリアン DMC-12に関するその他の記事は、以下のリンクからご覧いただける。