写真提供:マイナビニュース

写真拡大

同志社大学および立命館大学の学生有志はこのほど、関西学生野球リーグにおける京都のライバル校同士の伝統の一戦を盛り上げるべく合同応援チームを結成し、オリジナルポスター全4種類を制作した。

両大学の対決は1930年が最初と言われており、毎年春と秋に、関西学生野球連盟リーグ戦の最終日程として「わかさスタジアム」(京都府京都市)で実施されている。伝統的に、学生や卒業生らが会場へ足を運び、両大学の応援団を中心に応援合戦が繰り広げられている。また一般市民にもファンは多く、「同立戦」や「立同戦」との愛称で親しまれているという。

しかし学生の趣味の多様化や、カレッジスポーツへの学生の関心が薄れてきたことに加え、野球やサッカーなどのプロスポーツの隆盛によりファン離れが加速し、大学野球は年々観客動員数が減少。

さらに、1986年に同志社大学が京田辺キャンパス(京都府京田辺市)を開設、1994年には立命館大学もびわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)を開設したため、学生とわかさスタジアムとの物理的距離が増大し、さらに学生の大学野球離れに拍車をかけた。そこで、両大学では各キャンパスから応援バスを運行するなどして動員数を増やすべく工夫をしてきたが、いまだ伸び悩んでいるのが現状という。

今回の企画は一人でも多くの学生から大学野球に対する関心を得ることはもちろん、関東だけでなく、関西、特に京都でも熱い戦いが繰り広げられていることを発信するべく立ち上げられた。ポスターで注目を集め、球場に一人でも多くの観客に足を運んでもらうことを目指す。

また制作にあたり、それぞれの大学の卒業生であるお笑いタレントのレイザーラモンの二人も撮影に協力。ポスターは両大学のキャンパス内や関連附属校に掲示予定とのこと。

「関西学生野球連盟 2015秋季リーグ」の同志社大学、立命館大学の試合予定は、10月24日17時〜、10月25日13時〜、(10月26日13時〜/第1戦と第2戦で決着がつかなかった場合実施)。場所は「わかさスタジアム」(京都府京都市)。