ソニー、電子タグ「MESH」シリーズに「人感」「明るさ」「温度・湿度」を検知する新製品。iPhone版アプリも発表

写真拡大

ソニーは10月22日、センサーなどを備えた電子ブロック「MESHタグ」と専用アプリを組み合わせてIoTの仕組みを手軽に開発する「MESH Project」の新製品として、3種類のMESHタグを発表しました。いずれも同社のクラウドファンディングサイト「First Flight」で予約を受付中で、価格は各6980円(税込)。

【ギャラリー】MESHタグ/製品画像 (7枚)

今回新たに発表されたMESHタグは、「Motion(人感)タグ」、「Brightness(明るさ)タグ」、「Temperature & Humidity(温度・湿度)タグ」の3種類。それぞれ人や動物の動き、明るさの変化、温度・湿度の変化に反応します。

これまでの「Moveタグ」(動きセンサー)、「Buttonタグ」(ボタンスイッチ)、「LEDタグ」(ライト)、「GPIOタグ」(アナログ・デジタルの入出力スイッチ)の4種類と合わせ、計7種類のMESHタグが利用できるようになり、IoT開発の幅が広がります。

また、iPad専用だったMESHアプリも、近日中にiOS 8.0以降を搭載したiPhoneやiPod touchに対応することを発表しています。