なでしこFW安藤梢、ブンデス1部のエッセンへ移籍

写真拡大

 ドイツ・女子ブンデスリーガ1部所属のエッセンは21日、なでしこジャパンFW安藤梢を獲得したと発表した。

 昨シーズンはフランクフルトで女子チャンピオンズリーグ制覇を果たした安藤は「エッセンでプレーすることは私にとって新たな挑戦です。私はデュイスブルクで過ごしていたのでこのルール地方にはたくさんの友達がいて、またこの地でプレーできることを嬉しく思います。このチームで自分の経験を活かしてチームのために全力でプレーし、エッセンが優勝争いに食い込むように、貢献したい」と新天地での意気込みを語っている。

 カナダ・ワールドカップ初戦のスイス戦で負った左足の腓骨外果骨折はすでに完治しており、早ければ、31日(ドイツ時間)に行われるリーグ戦第7節のケルン戦で実戦復帰する見込みとなっている。

 また、来年に行われるリオ・オリンピックについては「ブンデスリーグで活躍して、リオ・オリンピックに選ばれるようにがんばりたい」となでしこジャパン復帰に向けて強い意気込みを示した。