「フランスが香る色」をテーマにした限定車登場!

写真拡大

ルノー・ジャポン(横浜市)は、「フランスが香る色」がテーマの限定車「ルノー カングー クルール」を2015年10月22日に160台限定で発売。広い室内空間と機能性の高さから、欧州ではLUDOSPACE(スドスパス 遊びの空間)と呼ばれて親しまれてきた。

2色のボディカラー、計160台限定

遊び心のあるデザインや機能的で使い勝手の良いユーティリティー、広くて高い開放的な車内空間、大容量のラゲッジスペースなどたくさんの工夫が凝らされている。フランス語で色を意味する「クルール}を車名に持つ新モデルは、日本オリジナルのボディーカラーで彩った限定車。

「フランスが香る色」をテーマに、ヨーロッパでは薬草や香料として使用され最も身近で目にも美しいハーブである、ローズマリーの花と葉をイメージした2色のボディカラーをラインアップ。ローズマリーの青い花をイメージした「ブルー アンサンシェ(60台限定)」とフレッシュな香りの若葉の緑をイメージした「ヴェール ロマラン(100台限定)」の2種を販売する。

価格は各241万5000円(税込)。