なでしこジャパンFW安藤梢が女子ブンデスリーガのエッセンに加入「リオ五輪につなげたい」

写真拡大

▽女子ブンデスリーガに所属するSGSエッセンは21日、なでしこジャパンのFW安藤梢(33)の加入を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンは1.FFCフランクフルトに所属し、女子チャンピオンズリーグ制覇を成し遂げていた安藤だが、昨シーズン限りで同クラブを退団。6月にカナダで行われた女子ワールドカップの初戦で足首を骨折し、リハビリをしながら所属先を探していた。

▽安藤はクラブ公式サイトを通じて、今回の移籍についてコメント。「新たな挑戦がしたかった」と明かし、リオ五輪へ向けた意気込みも語っている。

「私は新しい挑戦を探していました。SGSエッセンの若いチームが見せるサッカーを、私も楽しんでプレイしたいです。私は多くの友人をデュイスブルクやフランクフルトで作りました。この様な舞台に戻れたことを嬉しく思います」

「アリアンツ・ブンデスリーガでの私のパフォーマンスで、自分自身をブラジルでのオリンピックに導きたいと思います。私はこの新しいチームで成し遂げたいと思います」

▽エッセンは現在、女子ブンデスリーガで首位のバイエルンから勝ち点差6の6位につけている。