写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは10月22日、建設機械メーカーの竹内製作所から、SDNを活用した本社工場のネットワーク基盤を受注したと発表した。

ネットワーク基盤は、将来的なIoT(Internet of Things)活用による「つながる工場」の実現を見据えて導入するもの。

SDNの特長を生かして、仮想ネットワークによる制御系システムのセキュリティ確保や、GUI画面による容易なネットワークの設計・設定、IoT活用によるデータ量の増大に応じた迅速で柔軟なネットワークの拡張、サイバー攻撃対策の自動化などを実現する。

竹内製作所は、既存のネットワーク機器を生かしつつNECのSDN対応製品「UNIVERGE PF シリーズ」を部分的に導入することで、コストの最適化を図る。稼働開始は2016年2月を予定している。