医者が聴診器で聞き分けている「心臓や肺の音のわずかなちがい」

ざっくり言うと

  • 医者は、聴診器からさまざまな情報を得ることができるという
  • 循環器科の医師は心音のわずかな違いから、心臓の問題を判断
  • 肺の聴診では吐いた音や吸った音、左右差などから病気の診断をする

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング