写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する"違いのわかる大人の戦隊ファン"に向けた玩具シリーズ「戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜」より、「戦隊職人ダイノバックラー」の予約受付が、10月22日の11時よりスタートする。2016年3月発送予定で5,000個限定販売、価格は10,584円(税込)。

「ダイノバックラー」は、1992〜1993年に放送された特撮TVドラマ『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に登場する変身アイテム。本作は、スーパー戦隊シリーズ史上初めて「恐竜」をモチーフにした作品で、それまで5人が定番だったシリーズに初めて"6人目の戦士"が登場したことでも大きな話題を呼んだ。ジュウレンジャーたちは、手に装着した「ダイノバックラー」に守護獣メダルをセットし、胸の前に突き出して掛け声とともに上下反転させることで変身した。

「戦隊職人ダイノバックラー」は、メインパーツにダイキャストを使用し、総重量約400gとずっしりした重量感を実現。リバーシブル仕様となっており、変身後の180度回転した状態も再現可能なデザインとなっている(本商品はバックルのみ)。変身音を新規収録し、放送当時販売された玩具の「ダイノバックラー」には未収録の音も搭載。2014年に公開された映画『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』のティラノレンジャーの変身シーンを再現する音も網羅している。さらに、ダイキャストを使用したティラノザウルスの守護獣メダルに加え、ボーナスパーツとして、守護獣を変形合体させるアイテムとして劇中に登場する「ダイノクリスタル」が初立体化して付属する。

商品価格は10,584円(税込)で、5,000個の数量限定販売。商品の発送は、2016年3月を予定している。10月22日の11時より「プレミアムバンダイ」にて予約受付開始。

「戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜」は、昨年6月にバンダイのボーイズトイ事業部が立ち上げた新たな玩具シリーズで、ARTISAN(アルチザン)とは職人・職工の意味。バンダイが技術の粋を集め"違いのわかる大人の戦隊ファン"に向けて送る戦隊玩具としてスタートした。第1弾に『光の路線 レインボーラインセット』(予約受付終了)、第2弾に『超合金 烈車合体 DXトッキュウオー』(予約受付終了)、第3弾に『黒鉄変形 DXシュバルツ専用クライナーロボ』(予約受付終了)とこれまでにない商品展開で大きな話題となっている。

なお、「ダイノバックラー」に装着する守護獣メダルの7枚セット「守護獣メダルセット」も同時刻より予約を開始。メダルごとに絵柄が異なったデザインになっており、ラインナップには「ティラノザウルス」「ジュウマンモス」「トリケラトプス」「プテラノドン」「サーベルタイガー」の各守護獣モチーフに、五大の守護獣が一つにまとまった「五大守護獣メダル」と、6人目戦士であるドラゴンレンジャーが使用していた「守護獣ドラゴンシーザー」を加えた7枚のセットとなる。ダイキャスト製で重量感を再現したことに加え、裏面は放送当時の玩具にはなかった本商品オリジナルデザインを追加している。「戦隊職人ダイノバックラー」とも連動し、本体への装着も可能に。商品価格は4,860円(税込)で、10月22日の11時より予約が開始され、準備数に達し次第終了。商品の発送は、2016年3月を予定している。

(C)東映