『ゴシップガール』のブレイク・ライヴリーが恋に落ちた“エレ手”とは?【独占映像】
 日本の海外ドラマファンを虜にした『ゴシップガール』で、誰もが憧れる完璧なブロンド女子高生・セリーナに扮しブレイクしたブレイク・ライヴリー。彼女の最新映画『アデライン、100年目の恋』が公開中です。実生活での出産を経て、ますます美しくなったブレイクですが、今回は複雑なキャラクターに挑んでいます。

◆運命の出会いを感じさせる“エレ手”

 と、その前に、“エレ手”ってなんぞや!? と思われた方も多いかと。コレ、“壁ドン”では物足りない大人の女性が秘かにトキメいてしまう注目の妄想シチュエーションなんです。そして、我が女子SPA! では、ブレイク演じる主人公アデラインが恋に落ちる“エレ手”映像を独占入手いたしました!

⇒【YouTube】『アデライン、100年目の恋』特別映像 http://youtube.be/OdFTwCAEwP4

 どうでしたか? そう、“エレ手”というのは、アデラインが乗ったエレベーターが閉まる瞬間に、青年エリス(ミキール・ハースマン)が手を挟みこんで止めた行為。予告編を観るだけでも痛そうですが、でも、続くやりとりから、エリスがアデラインに強く惹かれ、このチャンスを逃してはならない! と行動した結果だと伝わってきます。対して、つれないアデラインの態度……。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=378414

◆永遠に29歳を生きる女性、アデライン

 などと思っていたら、その後に続く、怒涛の予告編にびっくり!! 実は、アデラインはある出来事がきっかけで、29歳のまま歳をとらなくなってしまった女性なんです。秘密を抱えた彼女の心の支えは年老いた一人娘(!)と、愛犬だけ。さ、寂しい……。寂しすぎます。

 そんな心を硬く閉ざしたアデラインの前に現れ、肉食系アプローチをしてくるのが、このエリスなわけ。アデラインだってトキメいているはずなのに、はねつけなければならない切なさったらないです!

 美男美女がファンタジックな要素のある切ないラブストーリーを展開する。これって、妄想に浸るには最強の条件では? 酸いも甘いも噛み分けた大人の女性にこそ刺さる、“エレ手”から始まる真実の愛のファンタジー。アデラインが生きてきたそれぞれの時代を映す美しい映像やファッション、そしてラブストーリーへの出演がご無沙汰の、エリスの父親ウィリアムを演じるハリソン・フォードにも注目です。

<TEXT/望月ふみ>

『アデライン、100年目の恋』新宿ピカデリーほかにて全国公開中
配給:松竹
(C) 2015 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC. All Rights Reserved
『アデライン、100年目の恋』オフィシャルサイト http://adaline100.jp/