最新の遺伝子組み換え技術「Crispr-Cas9」で犬の筋肉量が2倍に

ざっくり言うと

  • 中国の科学者が遺伝子組み換え技術「Crispr-Cas9」を犬に適用した
  • 犬の遺伝情報を編集し、筋肉量を抑制するタンパク質を作る遺伝子を削除
  • 「Crispr-Cas9」で遺伝情報を編集された犬の筋肉量は2倍に増えたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング