レーティング:ユベントス 0-0 ボルシアMG《CL》

写真拡大

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節ユベントスvsボルシアMGが21日に行われ、0-0で終了した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ユベントス採点

GK

1 ブッフォン 5.5

枠内シュートはなかった

DF

15 バルザーリ 6.0

好調を維持。鉄壁だった

19 ボヌッチ 6.0

冷静なプレーで相手の攻撃を受け止め、丁寧なビルドアップを続けた

3 キエッリーニ 6.0

対人の強さを発揮

MF

16 クアドラード 5.0

疲労の影響か、躍動感がなかった

(→ R・ペレイラ 5.5)

果敢なドリブルでの仕掛けでアクセントを付ける

6 ケディラ 5.5

攻守にやや空回りだった

8 マルキジオ 5.5

無難な配球を続ける

10 ポグバ 6.0

ドリブルでの持ち上がりとキープ力を使って打開にかかった

12 アレックス・サンドロ 5.5

積極的な仕掛けを何度か見せる

FW

17 マンジュキッチ 5.0

ボールが収まらず、運動量も少なかった

(→ザザ 5.0)

マンジュキッチ同様、ボールスキルに難

9 モラタ 6.0

マンジュキッチとは対照的に前線で起点となった

(→ディバラ -)

監督

アッレグリ 5.5

ディバラ温存の意図がわからない。攻撃面の改善が急務

▽ボルシアMG採点

GK

1 ゾンマー 6.0

後半のポグバの2つのシュートをしっかりセーブ

DF

27 コルブ 5.5

多少フィジカルで負ける場面もあったが乗り切る

3 A・クリステンセン 6.0

フィジカルの強さを押し出して応戦

15 ドミンゲス 5.5

前半終盤に致命的なミスを犯したが、それ以外は安定

17 ヴェント 6.0

クアドラードを抑えた

MF

16 トラオレ 5.5

右サイドで一定の起点に

(→A・ハーン -)

8 ダフード 6.0

ボールスキルの高さを発揮

(→ルトベイト -)

34 G・シャカ 6.0

展開力、潰しと自身の仕事をこなす

19 ジョンソン 5.5

守備によく戻った

FW

13 シュティンドル 5.5

前線を幅広く動いてボールを引き出す

11 ラファエウ 5.5

違いを生み出すには至らなかった

(→T・アザール -)

監督

シューベルト 5.5

安定した守備ブロックでユベントスに決定機を許さず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

モラタ(ユベントス)

▽突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、堅い守備を敷いてきたボルシアMG相手に前線で起点となる働きをこなしていたモラタを選出。

ユベントス 0-0 ボルシアMG