「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」前売り券初日販売が史上最高。

写真拡大

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」前売り券の初日売り上げが、米IMAX史上最高額をたたきだした。

今年12月18日に世界同時公開となる同作品の前売り券の米国での売り上げは、すでに650万ドル(約7億8000万円)を超え、同映画館チェーンの記録を更新している。この記録は大人気映画「ハンガー・ゲーム」の初日前売り券数の記録の8倍以上に及ぶという。

この理由としては、第3弾となる予告編が公開されたことにより、同作品への期待が高まったためと見られている。

先日その予告編が公開された際には、ヒロインのレイ役を演じているデイジー・リドリーが、友人と一緒にその予告編を初めて目にする自分の姿を写した動画をインスタグラムへ投稿し、感激を語っていた。

「友達とB&Bに泊まってるの…予告編を見るために目覚ましをかけたわ…友達が私の反応を撮影していたの…初めて目にしてすごく感動したし、『スター・ウォーズ』の最新作の信じられないような歴史に参加できたことに心から恐縮しているわ」

一方でフィン役のジョン・ボイエガはバスケットボールの試合を観戦した後、帰宅途中に渋滞にはまってしまったため公開と同時にはその予告編を見ることが出来なかったようで、「予告編を見たかった? まだだよ! レイカーズの試合から家に帰ってるところなんだ。大画面で見ないとね」「見た時の自分の様子は撮影するよ。興奮してきた!でもロスの渋滞ってひどいんだ…」とツイートしていた。