写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2』(1989)で主人公が車型タイムマシン「デロリアン」に乗ってタイムトラベルした30年後の未来にあたる本日10月21日16時29日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)の「デロリアン」の前に仮装したファンが集結した。

全世界で名シーンとして語り継がれている、主人公が30年後の未来にタイムトラベルするシーン。本日16時29分がまさに30年後の未来であり、朝からツイッターやネット検索でも盛り上がりを見せていた。

そして、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、16時過ぎにアトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」の前に映画関連の仮装をした人たちが続々と集結。1分前になるとカウントダウンが始まり、16時29分を迎えた瞬間、約300人のゲストが「バック・トゥ・ザ・フューチャー!!」と声を上げ、その瞬間を祝った。その後も、デロリアン前で記念撮影をしたり、ファン同士で語り合ったり、祝福ムードに包まれた。

東京から訪れた20代男性は「2015年10月21日は一生に一度しか来ないので、どこで過ごすか考えたとき、アトラクションとデロリアンがあるここで皆で祝えたらいいなと思ってここに来ようと決めた」と話し、「やっぱりホバーボードが身近に乗れる世界が来てほしい」と期待。同じく東京在住の30代女性も「アトラクションやデロリアンがあるパークでこの日を過ごそうと思い東京から来た。未来の日を迎え不思議な感じ。映画と違った未来があるのかなと思うとワクワクする!」と興奮ぎみに語った。