写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KADOKAWAは10月22日、『無所属女子の外交術』(はあちゅう 著/税別1,200円)を発売する。

同書では、「キラキラ女子」「こじらせ女子」のように分類された「●●女子」の戦国時代を安全かつ不利益をこうむらない形で生き抜くために「無所属女子」としての外交術を提案するという。

無所属女子として生きるために、下記のような内容が収録されている。

・自分へのレッテルを剝がす
・違いにこだわらず、流す
・"馴れ合い"を捨てる
・"仮面"を意識する
・「たくさんの私」に気づく
・組織に依存しない
・「目的が先、手段が後」で考える
・自分のタマネギの皮を剝く
・共倒れしないために依存しない
・ひとりの時間で、自分を更新する
・"世間体"という幻想に惑わされない
・群れることが前提の絆は捨てる
・コミュニティーは、何度も卒業する
・「会いたい」だけで会わない
・"孤独"に親しむ
・しゃべらないで会話する

著者のはあちゅうさんは、1986年生まれ神奈川県出身の29歳。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガー(その後、「カリスマ炎上ブロガー」としても名を馳せる)と呼ばれる傍ら、「はあちゅう」の名で、レストラン、手帳、イベント、サロンをプロデュースするなど幅広く活動している。