仏教の荒行に今も残る「切腹の掟」は自殺教唆にあたるのか?

写真拡大

 比叡山延暦寺に伝わる「千日回峰行」に挑んでいる滋賀県大津市の善住院の釜堀浩元住職が10月21日未明に最後の荒行である「堂入り」を無事に終えたというニュースが、21日放送の「ミヤネ屋」などメディアで大きく取り上げられている。

 この「堂入り」を終えると「生き仏」になったとされるが、合計1000日、期間にすると9年間にも及ぶこの荒行は、いったいどのようなものなのか。
 金峯山修験本宗慈眼寺の住職、塩沼亮潤氏は、1999年に吉野山金峯山寺1300年の歴史で2人目となる大峯千日回峰行を満行。その修行の内容を著書『人生生涯小僧のこころ』(致知出版社/刊)に記している。

■往復48キロを1000日間 まさに命がけの荒行
 それによると、この行では奈良県・金峯山寺から大峯山の頂上にある大峯山上本堂までの 往復48キロの山道を1000日間、1日も休まず歩き続ける。
 ただ、1000日といっても連続しているわけではなく、毎年山が開かれている5月3日から9月22日までの間に行うため、1000日を満行するまでに約9年間かかるという。距離的にも過酷だが、その道程は高低差1300メートルの険しい山道だ。地理的条件は、前述の釜堀氏が行った延暦寺の「千日回峰行」よりも厳しいという声もあるほどで、それを期間中は毎日上り下りするのだから、心身への負担は想像を絶するものがあるだろう。

■やめることができない「千日回峰行」の本当の厳しさ
 そしてこの「千日回峰行」の大きなポイントは「途中でやめることが許されない」点だ。
 一度行に入ったら、1000日の荒行をやり遂げなければならず、その覚悟の証のように行者は常に短刀と紐を携帯するという。これは、途中で行をやめる場合、腹を掻き切るか、首をくくって命を絶たなければならないとする掟があるからだ。
 塩沼氏の場合、この行を見事にやり遂げたわけだが、その途中で何度も死にかけたことがあると記しており、途中でやめたら死なねばならず、やり遂げるのも命がけ、というすさまじい厳しさを垣間見ることができる。

■「途中で行をやめたら自死」は自殺教唆にあたるのか?
 しかし、俗世間に生きる身として「途中でやめるなら切腹か首つり」という掟は「自殺教唆」にあたらないの?と考える人は少なくないはずだ。
 この疑問について、都内を中心に活動する弁護士のAさんに意見を聞いてみたところ、「行者の方がもともと自殺の意思をお持ちで、お一人で自由な意思のもと自害された場合は自殺教唆罪にはなりませんが、例えば行者の方にもともと自殺の意思がなかったのに、周囲の人が暗に『自殺しろ』とそそのかしたりして自害されたのであれば、自殺教唆罪か、場合によっては殺人罪も可能性としてはありえると思います。宗教の教義にどう書いていようと、自殺をそそのかした点は刑罰の対象になりますので。ただ、実際問題として現在の日本で、周囲の宗教家たちが自殺をそそのかすことはあまり考えにくいので、自殺教唆罪にはあたりにくいのではないでしょうか」という回答を得ることができた。
 「千日回峰行」の挫折による自殺は、宗教上の教義に則って「自分の意思で死を選んだ」という扱いになる可能性が高いようだ。

 『人生生涯小僧のこころ』では塩沼氏の半生と修行の体験談、そこで得た気づきや学びなどがつづられ、信仰の道を歩むことで磨いた同氏の精神性と心に触れることができる。
 世俗化が進んでいる近年の仏教界だが、世間と隔絶されたなかで過酷な修行に励む人々もいまだ存在する。身も心も信仰に捧げる仏教徒の考えに触れることは、現代に生きる私たちにとって、少なくとも非常に新鮮な体験となるだろう。
(新刊JP編集部)