CMキャラクターの山本美月さん

写真拡大

中国検索エンジンの最大手・バイドゥ(東京都港区)が提供するスマホ向け日本語文字入力・顔文字キーボードアプリ「Simeji(シメジ)」の初のテレビCMが2015年10月23日からオンエアされる。

オンエアに先立ち10月21日に都内でCM発表イベントが行われ、キャラクターに起用された女優の山本美月さん(24)とゲストとしてお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん(32)が登場し、トークセッションした。

初のTVCMは「好きな人とのメールやり取りあるある」を表現

シメジは5万個以上の豊富な顔文字と、クラウドを利用した多様な予測変換ができるシステムが特徴で、10月に累計1800万ダウンロードを達成した。

CMは「好きな男性とのメールやり取り」を題材に、山本さんが送るメッセージの絵文字選びや、相手からの連絡待ちなどで一喜一憂する姿を描いている。笑顔から心配そうな顔まで、めまぐるしく変わる山本さんの表情が「乙女ゴコロ」を表しており、特に女性の「あるある!」と共感を誘う演出になっている。

イベントでは「恋愛でシメジを使ったやり取りをする場合」をテーマに、芸能界屈指のチャラ男として知られる藤森さんが「恋愛マスター」としてかけつけ、山本さんと実際にメッセージのやり取りをしながら「恋愛メール術」を伝授した。

「相手からの返信が来ない時」というお題では、山本さんの

「メール届いてますか?お返事待ってます(^^)」

というメッセージに藤森さんが

「メンゴ!(゜ロ゜。)かわうぃーーーー美月ちゃんを待たせる罪作りなチャラメガネ(-○ω○)を許して」

と返信し、チャラ男っぷりをさく裂させた。

山本さんの理想のやり取りは「真面目な文の中にちょっと絵文字入り」

藤森さんのノリの軽さに会場は笑いで包まれたが、普段あまり顔文字を使わないという山本さんに

「もっと絵文字とか感情をメッセージに混ぜると、相手がよりほっとするかも。メールでもお互い楽しさを共有したいですね」
「文字だけで誘うと相手からガツガツしていると思われることもあるので、文の最後に絵文字を入れると可愛らしさや楽しみにしている感じも伝えられていいんじゃないかと」

といった実践的なアドバイスもしっかり伝えていた。

藤森さんが退場した後に「藤森さんのメッセージどうでしたか?」と質問された山本さんは

「あれはちょっと嫌ですね」「(メールがチャラいと)逆に冷静に返しちゃう」

と苦笑いしながらバッサリ切り捨てた。

「では好きな人との理想のやり取りは?」と尋ねられると

「真面目な方が好きなんですけど、文字だけだとちょっとさみしいので、(藤森さんの)あんなメガネみたいな顔文字じゃなくていいので、絵文字もちょっと混ぜて頑張った感を出してほしいですね」とシメジの活用をアピールした。