無限大キャンパス

写真拡大 (全3枚)

 広島情報専門学校、福岡情報専門学校、北海道情報専門学校を展開するeDC(電子開発学園)グループは、「ひろしまIT総合展 2015」のブースにて学生が開発したゲームやeラーニングシステムを展示デモしていた。

 同社のeラーニングシステムは「無限大キャンパス」と言われるもの。グループの北海道情報大学が開発したシステムで、講義をはじめ成績照会、履修登録・追加、申請書ダウンロード、BBS、単元のキーワード表示などの機能を備える。現在、インターネットで受けられる授業は全32科目となっている。

 開発グループ システムエンジニアの奥山尚史氏は次のように話している。「ネットの授業は見ているだけで分かった気になっているケースも多いのです。しかし、かといって、なかなか実習を行うことは難しい。無限大キャンパスでは、例えばサーバ構築の授業では学生一人一人に仮想環境を提供してインストールを行ってもらい、わからないところがあったら授業にもどってもらうなど工夫しています」。実際に体験しながら受講できる環境を作り込んでいる点をアピールしていた。