特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号の外装デザインイメージ/[c] & TM Lucasfilm Ltd.

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作にして、その新たなる3部作の第1弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が12月18日(金)よりついに公開。本作の公開を記念して、南海電鉄の特急ラピートの特別仕様車「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号が難波〜関西空港間を期間限定で運行することが決定した。

【写真を見る】シリーズ初の女性主人公となるレイ(デイジー・リドリー)を中心に物語が紡がれる/[c] 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

関西国際空港を通じて世界へとつながる特急ラピートのイメージと、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界観に共通する“旅立ち”“冒険”をコンセプトにした車両の外装・内装デザイン、及び、運行期間が決定。外装は車両全体を黒色を基調とした「スターフィールド」で覆い、作品に登場するキャラクターを各車両に配して映画の世界観を表現する。

1、6号車には『〜フォースの覚醒』で新しくヒロインとなるレイ、そして新たな悪役となるカイロ・レン、新登場のドロイドBB-8を配置。3号車にはC-3PO、R2-D2、チューバッカといったシリーズおなじみのキャラクターが配置される。また、デッキおよび客室扉にキャラクターや「スターフィールド」のラッピングを施す予定で、作品世界にどっぷりと浸かれそうだ。

特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号の運行期間は11月21日(土)から16年の5月8日(日)まで、難波〜関西空港駅間を運行し、特急ラピート1編成(50000系6両1編成)が対象列車となる。【Movie Walker】