■盛りあげよう!東京パラリンピック2020(38)

 パラ陸上の世界トップ選手が集う、「IPC2015陸上競技世界選手権大会」が10月22日、カタール・ドーハで幕を開ける。国際パラリンピック委員会(IPC)が主催し、参加標準記録を突破した選手だけが出場できる世界一決定戦だ。1994年の初開催以来、7回目となる今年は、来年に迫ったリオデジャネイロパラリンピック(リオパラ)の前哨戦でもあり、約100の国と地域から約1300名の選手が参加して、31日まで熱戦を繰り広げる。

 その舞台に、日本からは過去最多の57選手(身体障害クラス45名、知的障害クラス12名)が出場する。特に前回2013年大会でメダル10個(金1、銀5、銅4)を獲得した身体障害クラスの日本選手にとっては、リオパラにつながるチャンスの大会でもある。今大会で個人種目2位以内入賞選手の国にはIPCからリオパラの出場枠が与えられるが、日本パラ陸上競技連盟(JPA)は該当選手をリオパラ代表として日本パラリンピック委員会に上位推薦すると発表している。リオ出場がグッと近づくのだ。

 また、世界トップ選手による真剣勝負の場は、自分が今、世界のどの位置にいるのか、ライバルとの実力差をはかる貴重な機会だ。これまでの練習内容を確認し、修正すべき点があれば見直し、リオパラに照準を定めたスタートを切る場にもなる。

 JPAは今大会の選手派遣基準を、A標準記録突破、メダル獲得や8位入賞可能といった条件に加え、リオパラ実施種目に絞った。日本選手団の安田亨平監督は、「ベテランにはリオを見据えたパフォーマンスを、若手には自己新など記録にこだわり、よい経験を」と期待した上で、今大会で8〜10個のメダル獲得を目標に掲げる。前回大会の10個にはマラソン種目での3個が含まれている。今年はマラソンが4月に先行して実施され、そこですでに3個のメダルを獲得しているため、実質的には前回を上回る目標となる。

 メダルの期待を背負うひとりは、義足のジャンパー、中西麻耶(30歳/大分身体障害者陸上競技協会)だ。2大会連続パラリンピアンで、現在、走り幅跳び女子T44クラス(片下腿切断など)の日本記録保持者(5m27)。今大会ではあと21cmに迫った世界記録(5m48)の更新も期待されている。

 12年ロンドン・パラリンピック8位入賞以降、一度は引退を表明したが、拠点を地元大分県に移し13年春から再始動。新たなコーチに師事し、調子を徐々に取り戻すなか、昨年秋、現日本記録をマークした。

 今年9月の世界選手権前最後の公式戦では優勝したものの、記録は4m91と少し物足りなかったが、「体の調子はよく、ジャンプの感触も悪くない。今日は踏み切りで足を置きにいってしまったが、(世界選手権まで)あと1カ月あれば修正できると思う」と笑顔だった。

 実は競技歴7年にして、世界選手権は初出場となる。これまでは遠征費などの問題もあり、出場がかなわなかったが、それだけに今大会にかける思いは強い。

「ワクワクしています。きっちり準備して安定感のあるジャンプをし、(出場)枠をとってほしいという期待に応えたい」と意気込む。

 若手にも活躍が楽しみな選手は多い。たとえば、女子T47クラス(上肢機能障害など)の100mに出場する、三須穂乃香(17歳/新潟県立村上高校)と辻沙絵(20歳/日本体育大学)は、ともにパラ陸上界に鮮烈なデビューを果たしてすぐ、代表の座をつかんだ。

 三須は先天的に右腕の肘から先がない。だが、幼い頃は自分が障がい者という自覚はなく、小学校から陸上をはじめ、健常者の大会に出場していた。『パラリンピック』を初めて意識したのは2年前の20年東京パラリンピック開催決定だという。以降、パラ陸上の大会にも出場するようになり、頭角を現した。

 周囲の助言もあり、最近は走る時だけ右手に義手をつけるようにしたところ、スタート時の安定感や腕振りの左右のバランス感が増した。記録も順調に伸び、7月には100mの日本記録(13秒11)を塗り替えている。

 世界選手権については、高校の陸上部の先生から、「代表の責任を忘れず、がんばろう」と激励されたという三須。「緊張せず、いい感じで走れるようにがんばりたい」と抱負を話す。

 一方の辻も、三須と同様の障害を持つが、やはり障がい者という意識はなかったといい、小学校でハンドボールを始め、日本体育大学進学後もハンドボール部に入り、関東の1部リーグで活躍していた。

 パラ陸上に転向したのは今年3月。20年東京大会に向け、日体大内でスタートしたパラリンピアン発掘プロジェクトによって見いだされ、スプリントの才能が開花。わずか2カ月後の、5月の大会で100m、200mの日本新を叩き出し、9月には200mの日本記録を(27秒48)を更新した。

 以前は陸上に苦手意識があったというが、「本格的に始めてみて、フォームがよかったり、タイムがよかったりすると楽しくて、今はすごくはまっています。世界選手権でもいい経験がしたい」と話す。三須と二人、切磋琢磨しながらの成長が楽しみだ。

 他にも、楽しみな対戦が目白押しだ。山本篤(33歳/スズキ浜松AC)が大会連覇を狙う男子走り幅跳びT42クラス(片大腿切断など)、世界ツートップのデビッド・ヴェアー(イギリス)とマルセル・フグ(スイス)のつば競り合いに、日本王者の樋口政幸(36歳/プーマジャパン)がどう絡むかが楽しみな男子T54クラス(車いす)のレース(800m、1500m、5000mなど)。これらはほんの一例だ。

 前回大会では世界新記録が55個誕生したが、今大会も記録ラッシュを予感させる。たとえば男子T44クラス(片下腿切断など)。100mでは、10秒71の世界記録保持者ジャリッド・ウォレスと、前保持者リチャード・ブラウンのアメリカ人同士の直接対決で、競り合いによる記録更新の期待大だ。

 大会はインターネットでライブ配信の予定されている。9日間にわたる"もうひとつの世界陸上"で、パラアスリートの躍動をぜひ目撃してほしい。

<第7回IPC陸上競技世界選手権大会>
【期間】 10月22日(木)〜10月31日(土)
【会場】 カタール・ドーハ
【メイン会場】 スハイム ビン ハマド スタジアム (Suhaim Bin Hamad Stadium)
【参加】 約100カ国1300選手
【日本選手団】 全57名: 身体障害クラス45名(男子28名、女子17名)+知的障害クラス12名(男子8名、女子4名)
【ライブ配信】 www.doha2015.org 
午前の部:9:30〜(日本時間15:30〜) 午後の部:16:00〜(同22:00〜)

星野恭子●文 text by Hoshino Kyoko