アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] ©Disney

写真拡大

1992年に公開された、ディズニー映画『アラジン』。

【画像】『アラジン/ジャファーの逆襲』『アラジン完結編/盗賊王の伝説』がセットになった『トリロジー MovieNEX』も限定登場!

作品やキャラクターは、今でも多くの人々に愛されています。

2015年10月21日、そんなディズニーの名作が『アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX』、シリーズ3作がセットになった『アラジン トリロジー MovieNEX』として発売されました。

今回はMovieNEXの発売に合わせて、作品をより楽しく鑑賞するための「3つ」のトリビアを紹介します。

1. アラジンはマイケル・J・フォックスのイメージだった

映画の主人公である、青年「アラジン」。

実はアラジンのキャラクターは、もともと俳優であるマイケル・J・フォックスのイメージでデザインされました。

しかし、当時ディズニーの映画部門の責任者を務めていたジェフリー・カッツェンバーグが、これに異論を唱えました。

結局、もともとのデザインに、俳優のトム・クルーズのイメージが付け加えられ、現在のキャラクターになったのです。

ちなみに、アニメーターのグレン・キーンは、ミュージシャンのM.C.ハマーが履いていたズボンから、アラジンのズボンのデザインを考えたといわれています。

2. ジーニーのセリフは、ほとんどがアドリブ

英語版でジーニーを演じたのは、アカデミー賞も受賞した、俳優のロビン・ウィリアムズです。

実はジーニーのセリフは、そのほとんどがロビン・ウィリアムズのアドリブによるものでした。

そのセリフの量は、なんと16時間分。

ディズニーでは、セリフを録音してから、アニメーションの原画を描いていましたので、なかなか削ることができず、ジーニーの出演時間が増えることになってしまうほどでした。

ちなみに、続編の『アラジン/ジャファーの逆襲』では、ジーニー役はダン・カステラネタが務めています。

これは、ロビンとディズニーが、『アラジン』の契約をめぐって、もめてしまったからだと言われています。

その後、ロビンとディズニーは和解し、『アラジン完結編/盗賊王の伝説』では再びロビンがジーニー役を務めました。

2014年8月11日、多くのファンに愛されていたロビンは、カリフォルニアの自宅で亡くなりました。自殺でした。

63歳という早すぎる死に、ディズニーをはじめ、多くの企業や団体、著名人から彼の死を悼むメッセージが発表されました。

3. 日本語吹き替え版のジーニーのセリフは、英語版とかなり変わっている

日本語吹き替え版では、ジーニーは声優の山寺宏一さんが務めています。

山寺さんと言えば、ドナルドダックをはじめ、数多くのディズニー作品で様々な役を演じています。

そんな山寺さんでも、吹き替えに苦労したのがジーニー役でした。

日本音声製作者連盟ホームページでのインタビューで、詳しく語られています。

もともと、英語版のジーニーのセリフには、アメリカ人が分かるジョークや、有名な俳優のモノマネがたくさん含まれていました。

日本語への吹き替えでは、日本人に分かりにくいものは削られ、山寺さんが考えたダジャレやギャグを入れていったそうです。

ハイテンションで、ギャグ満載なジーニーは、英語版でも日本語版でも変わらないようになっています。

それ以外にも、トリビアがたくさん!

今回紹介した3つ以外にも、『アラジン』にはさまざまなトリビアや制作秘話があります。

例えば、制作開始当初、ジーニーが叶えられる願い事は、なんと「いくつでも」だったのです。

しかし、その後ストーリーが書き直され、ジーニーが叶えられる願い事は「3つまで」に変わりました。

また、初期のキャラクターデザインでは、魔法のランプに顔が描かれていたものもありました。

そんなトリビアを考えながら見ると、また『アラジン』の見方が変わってくると思います。

作品を見たことがある方も、MovieNEXが発売されたこの機会にぜひ、楽しんでみてはいかがでしょうか。

『アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX』
4,000円+税 好評発売中! デジタル配信中!

『アラジン トリロジー MovieNEX』※シリーズ3作セット、2016年1月31日生産終了予定
10,000円+税 好評発売中!