「播磨」編 竹田城とブロガーの山本理沙子さん

写真拡大

兵庫県では、関西在住の女性ブロガー3人が姫路城をはじめとした観光地、温泉地を紹介する動画「ひょうご好き人気ブロガーのご褒美旅」を、2015年10月19日からYouTube(ユーチューブ)で公開している。動画は、姫路城が約5年半に及ぶ「平成の大修理」を終え、3月にグランドオープンしたことを記念して県・市町・観光関連団体が10月から12月まで展開する「あいたい兵庫県キャンペーン2015」に合わせたもので、「播磨」編、「但馬」編、「神戸・阪神・丹波・淡路」編の3本立てで県の魅力をアピールしている。

「播磨」「但馬」「神戸・阪神・丹波・淡路」の3編

南西部の広い地域「播磨」編では、塗りなおされた白漆喰がまぶしい姫路城から始まり、聖徳太子ゆかりの鶴林寺(加古川市)、赤穂温泉(赤穂市)などが紹介される。明石港の卸売市場での競りの様子も映され、実際に見たブロガーの山本理沙子さんは大興奮。「今までは神戸の近代的な街並みしか知らなかったが、新たな部分を発見できた」などとコメントする。

県北部を指す「但馬」編は、火山帯地域ということもあり各地で温泉が湧出している。文豪・志賀直哉も愛したという城崎温泉(豊岡市)や、湯村温泉(新温泉町)などに加え、"天空の城""日本のマチュピチュ"として注目を集める竹田城(朝来市)、紅葉巡りができる神鍋高原(豊岡市)など、盛りだくさんの名所が紹介される。「但馬は遊べる、食べれる、癒される、で最高のエリアだなと思う」とブロガーの前田朝香さんは言う。

「神戸・阪神・丹波・淡路」編では、県南東部と淡路島を巡る。神戸の中心地・三宮、チャイナタウンの南京町、明石海峡に続く舞子海上プロムナードといった、おしゃれスポットやグルメが充実している様子が映される。有馬温泉など風情を楽しめる場所もあり、ブロガーの大橋あゆみさんは「神戸はよく来ていたが、知らないことが多かった」と述べている。

「あいたい兵庫キャンペーン」では期間中この他にも、県内外での観光キャラバンや、ボランティアガイドと兵庫を歩くイベント、特別冊子の発行などを展開する。