便秘薬として使われる「酸化マグネシウム」服用で死亡例 厚労省が発表

ざっくり言うと

  • 厚生労働省は20日、便秘薬の「酸化マグネシウム」製剤での死亡例を発表した
  • 因果関係が否定できない高マグネシウム血症を19人が発症し、うち1人が死亡
  • 製造販売元に対して、添付文書の「慎重投与」の項目に高齢者の追記を求めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング