両社とも過去に国内で開催されたオリンピックでの警備業務や、選手の輩出をしており、一業種一社が原則のスポンサー契約の中で異例の同業二社との契約となった(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は20日、セコム及び綜合警備保障(ALSOK)と「東京2020オフィシャルパートナー(セキュリティサービス&プランニング)」スポンサーシップを締結したことを発表した。

 東京2020スポンサーシップ契約は、通常一業種一社を原則としているが、今回の契約である「セキュリティサービス&プランニング」カテゴリに関しては、IOCと協議のうえ、特例として2社共存という形となっている。

 オリンピックスポンサープログラムは最上位のIOCオリンピックパートナーを筆頭に、国内向けの東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターの4階層となっている。

 今回の契約は国内向けとして2番目に位置するオフィシャルパートナー契約となり、2020年末までオリンピック関連のマークや素材利用権、関連事業協賛など、スポンサー権利を利用することが可能となる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI