写真提供:マイナビニュース

写真拡大

売れるネット広告社はこのたび、ロート製薬が「売れるネット広告つくーる」を通じて「LINEビジネスコネクト」を導入し、「LINEでの自動フォローメッセージ配信」によるCRM施策を開始したことを発表した。

「LINEでの自動フォローメッセージ配信」機能は、CRMの効果を上げることができる「自動フォローメール」の仕組みをLINEでも再現できるように開発したもの。

同社によると、通常のLINE公式アカウントやLINE@では、「友だち」全員に同じ内容のメッセージを送る一斉配信型しか対応していないが、LINEビジネスコネクトの活用により、売れるネット広告つくーるにおいて、企業が持つ顧客データベースと連携したメッセージ配信が可能となる。

企業は、ユーザーの同意の上、顧客データとLINEのアカウントを連携させ、売れるネット広告つくーるを通じて、申込日を起点にあらかじめ設定したストーリー性のあるLINEメッセージを、7日後/10日後/30日後などのスケジュールごとに自動で配信することができる。