"ギャラクシー街道"にひっそり佇むハンバーガーショップが舞台

写真拡大

三谷幸喜監督・脚本の映画「ギャラクシー街道」が、2015年10月24日から全国の映画館で公開される。

時は西暦2265年。木星と土星の間に浮かぶスペースコロニー(人工居住区)「うず潮」と地球を結ぶ、通称"ギャラクシー街道"と呼ばれるスペース幹線道路「ルート24666」。開通から150年が経ち、老朽化が激しく閉鎖の噂も立ち始め、かつての活気はなくなったが、今日も様々な星から人間味溢れる宇宙人たちがやって来る。

そんな街道の中央にひっそり佇む「サンドサンドバーガー・コスモ店」で働く人々や客たちが織りなす宇宙人模様を描く。

ハンバーガー店主の主人公・ノアを香取慎吾、その妻ノエを綾瀬はるか、ノアの相談相手で人の心を持つコンピューター・堂本博士を西田敏行などが顔を揃える。そのほか大竹しのぶ、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、秋元才加、山本耕史らバラエティー豊かなキャストが総出演する、宇宙人だらけのロマンティックコメディ。