2ゴールのラキティッチ「妊娠中の妻に捧げる」

写真拡大

▽バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、BATE戦を振り返り自身の2ゴールに満足感を示した。クラブの公式サイトが出色の出来を見せたラキティッチのコメントを伝えている。

▽バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージでBATEとアウェイで対戦した。ベンチスタートだったラキティッチは、17分にスペイン人MFセルジ・ロベルトの負傷を受けてピッチに投入されると、48分に先制ゴールをマーク。さらに65分にもネットを揺らして2-0の勝利に大きく貢献した。

▽2ゴールを奪ったラキティッチは、「ゴールは妻に捧げるよ。彼女は妊娠しているからね」とコメント。現在妊娠中である妻にゴールを捧げた。

▽試合に関しては、多くの決定機がありながらも決めきれなかったが、何よりも結果が重要だと語った。

「本当に多くの決定機があったけれど、決めきることができなかったね。でも一番大事なことはチームを助けることだ。だからこそゴールを奪えた時は最高の気分だったよ」

「チームは常に全力を尽くしてプレーした。今はこのパフォーマンスを続けていくことが大事だ」