フィアット・ブランド初のスモールSUV登場!

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、フィアット・ブランド初のスモールSUV「フィアット 500X」を2015年10月24日に発売する。08年に「フィアット 500」が日本にデビューして以来初めての新モデル。

日本デビュー以来初の新モデル

1957年に誕生した先代500のDNAを引き継いだエクステリア・インテリアデザインや、ブランド初の四輪駆動・9速ATという新しい選択肢を提供してくれる、ひとつ先を行くモデルになっている。

また、全グレードに標準搭載された「ドライブムードセレクター」は、走行状況や路面のコンディションに応じて「オート」「スポーツ」「トラクション」の3つのモードから選択できる。

さらに、「1.4Lマルチエアターボエンジン」を3つのグレードすべてに搭載。力強い走行性能を実現するとともに、低燃費・低排出ガスを達成した。

フィアット・ブランドとしては最新かつ最高の「アクティブセーフティ」および「パッシブセーフティシステム」を装備。全グレードとも7個のエアバッグ(フロント、ウインドー、サイド、ニー)、ESC、コーナリングフロントフォグランプが標準装備になっている。


全国のフィアット正規ディーラーで取り扱う。

価格(税込)は286万2000円〜334万8000円。