サムスン「ロボットによる精密作業」でコスト削減

写真拡大

サムスンは、韓国政府の支援を受けながら、精密製造工程における「人間の繊細な指の動き」を再現するロボットを開発しようとしている。ロボットは現在、全世界の製造工程のおよそ10パーセントを担っているが、2025年には20パーセントになる見込みだ。

「サムスン「ロボットによる精密作業」でコスト削減」の写真・リンク付きの記事はこちら

サムスン電子は、他の大手スマートフォンメーカーと同様に、製造面で中国の安い労働力に大きく依存している。しかし、中国では賃金が上昇して利益率が圧迫されており、製造工程のオートメーション化が早急に求められている。

関連記事:膨れあがるサムスン。その従業員数は「アップル+グーグル+MS」を超える

こうしたなかで、韓国政府はサムスンに対し、産業用ロボット開発費として167億5,000万ウォン(約18億円)の投資を行なった。同国の産業通商資源部は、2018年後半までに開発を終えると見込んでいる。

聯合ニュースの報道によれば、今回のプロジェクトは、精密製造工程における人間の繊細な指の動きを必要とする複雑な作業を担うロボットを開発するものだ。そういったロボットは今のところきわめて高額で、海外から輸入される場合も多い。

サムスンはこのほど、こうしたロボットに必要な精密な減速機やコントローラー、モーター、センサー用エンコーダーを開発する。

サムスンが開発しようとするロボット技術は、携帯電話や家庭用電化製品などの製造における、人間の手でしかできない繊細な作業での利用が目指されている。こうしたプロジェクトに成功し、大量生産型の6軸多関節ロボットが製造されるようになれば、電子機器メーカーは、他国の労働力に依存する割合が減らせるだろうと韓国の産業通商資源部はみている。

国際ロボット連盟(IFR)の統計によれば、2014年の産業用ロボット業界は世界全体で107億ドルの規模だという。最大の市場は中国で、2014年の導入台数は約57,000台だ(このうち約10,000台が中国内での生産とされる)。2位が日本で、アメリカ、韓国がその後に続いている。

現在のところ、ロボットは全世界の製造工程のおよそ10パーセントを担っているが、2025年にはその割合が20パーセントに上昇する見込みだ。

TAG

RobotSamsungWIRED UK