世界中からコスプレイヤーが集合!「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」

写真拡大 (全3枚)

池袋の「サンシャイン前」交差点から春日通りに抜ける約200mの「乙女ロード」は、アニメやコミックの好きな女子の聖地。ここで、ハロウィンに世界も大注目のコスプレイベントが開催されることを、知っている?

2015年10月31日(土)と11月1日(日)の2日間、JR池袋駅の東口エリアを舞台に、「池袋ハロウィンコスプレフェス 2015」が開催される。2014年の開催時には、コスプレイヤーを含む5万2000人が来場し、海外22ヵ国からも1万人が参加したとか。その模様がネットのニコニコ動画で生放送された時には、25万人以上が視聴したそう。

「今回は、昨年に比べて開催エリアも拡大し、新企画も2倍に増やしました。地元商店街の方がコスプレ姿で販売する屋台や、コスプレフリーマーケットなどもあります」と、PR担当の石川さん。

2014年のオープニングセレモニーには、高野之夫豊島区長が「サイボーグ009」のコスプレで登場したとか。エリア全体でコスプレ文化を盛り上げようという気持ちが伝わってくる。
サンシャインシティの下に広がる「東池袋中央公園」の特設ステージでは、来場したコスプレイヤーから抽選で選ばれたメンバーが、ランウェイを歩いてパフォーマンスを行う「ニコニココスプレクション」も開催。有名無名に関係なく、抽選に当たれば、自慢のコスプレを披露できるから、自信のある女子はチャレンジして。

「ステージでは、外国人コスプレイヤーによるパフォーマンス(10月31日15:45〜16:00)や、豊島区商店街の皆さんのコスプレによる『町PRステージ』(10月31日13:00〜13:15)なども見られます」(同)

こちらの会場では、人気造形師が無料でコスプレの修理を行う「コスプレドック」もあるので、途中で衣裳が壊れてもメンテナンスは万全。

また、駅にほど近い「中池袋公園」では、日本中から集まった自作のコスプレアイテムを体験したり、記念撮影したりできるコーナーや、コスプレ姿で飲食の販売をする「コスプレ屋台」も登場。ハロウィンキャラなどを有料でボディペイントしてくれるコーナーもあるので、コスプレをしていなくても、気分だけでも味わえるはず。


また、両日とも、14時から15時にはコスプレイヤーがサンシャイン通りを練り歩く「ハロウィンコスプレパレード」が。こちらは、公式HPで事前に「ハンドルネーム」と「キャラ名」を登録しておけば、パレードの前方で参加できる。当日参加の場合も、パレードではひとりずつ紹介されるため、「ハンドルネーム」の準備を。

「お祭りですから、アニメやゲームなど好きな作品やキャラがあれば、あまり気負わず気軽に参加してください」(同)

ジャンルごとにフォトスポットが設置される「ニコニコ コスプレギャザリング」では、公式カメラマンが巡回して撮影するので、コスプレ姿が公式HPに掲載されるかも。今回のジャンル分けは「色」で、ハロウィンカラーのオレンジや紫、赤、白など、カラーによって集まるスポットが違う。こちらは、仲間と色を合わせて参加して。

当日は10時から18時まで、サンシャインシティのワールドインポートマートビル4階に「コスプレ更衣室」(500円)も設置されるから、現地までの往復も安心。コスプレする女子も見に行く女子も、新しいサブカルチャーの聖地で開催される、年に1度のお祭りを楽しんで。