アメリカ独自のレシピで作る新フレーバー3種

写真拡大

10月20日(火)、代官山に位置するアメリカ発のドーナツ店「CAMDEN’S BLUE☆DONUTS」(カムデンズブルースタードーナツ)から、新しい3種のフレーバーのドーナツが発売開始。

【写真を見る】ころんとしたかわいいフォルムの「PUMPKIN CUSTARD」(パンプキンカスタード、410円)

■ カボチャやマロンのドーナツが新発売

「CAMDEN’S BLUE☆DONUTS」のドーナツは、南フランスのオリジナルかつ伝統的なブリオッシュレシピで作られており、その大きさや独特のメニューから“大人のドーナツ”と呼ばれる。有名な農園のシェパードグレインから厳選された小麦粉や新鮮な卵、有機栽培の飼料で育った牛から搾った牛乳などを使用。代官山店では生地から店舗内のキッチンで手作りしている。

新登場するのは、秋の食材をふんだんに使用したリッチなドーナツ3種類。

「PUMPKIN CUSTARD」(パンプキンカスタード、410円)は、ふわふわのブリオッシュ生地に数種類のスパイスを使用し、パンプキンペースト入りカスタードがたっぷり入っている。

「CHESTNUT SHISO CAKE with HAZELNUT」(マロン紫蘇グレーズ、410円)は、マロンの甘味とシソのさわやかな香りに食感のよいヘーゼルナッツをトッピングしたドーナツ。

「SWEET POTATO FRITTER with MARSHMALLOW GLAZE」(スウィートポテトフリッターマシュマログレーズ、410円)は、紫イモと数種類のスパイスを練り込んだフリッターにマシュマログレーズをコーティングしている。

カボチャや栗、シソや紫イモなど旬の素材を使ったドーナツをいち早く味わおう。【東京ウォーカー】