「ツタヤ図書館」 住民投票で反対が多数になり計画を事実上の白紙化

ざっくり言うと

  • 愛知県小牧市は20日、CCCとのアドバイザリー契約を解消すると発表した
  • 4日の住民投票で反対多数となり、ツタヤ図書館計画を事実上白紙化
  • 2014年に連携を発表し、約42億円かけて図書館を新設する計画を進めていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング